<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

おひとりさま   

前回も書いたけど、こうしてブログを更新してるのはPC(windows)を開けているからである。
どうしてパソコンを立ち上げてるかというと、書類やレポートをキーボードでサクサク打って作成させなければいけないからである。
多分、もしその作業が今発生してなかったら相変わらずipadのみで過ごしてると思う。
という事で今日も半ば嫌々ですが、大学のレポートを少し進める為にパソコンを開ける、でも久しぶりのお天気でやる気が起きない・・・という事で早速ブログ更新に逸れる。

d0169247_2057863.jpg


はてはて、四日前からムッシュが出張、来週の週末まで戻って来ません。
彼がいない週末は話し相手も買い物相手もいない私、日本に居る時に比べ規模の小さい交流関係であります。
でも、週末に時々会うフランス人のおばさまが居て、彼女は日本語を大学で勉強中、今年の夏は二ヶ月も羨ましいくらい立地の良い京都の中心部で二ヶ月のホームステイ生活を送り先々週戻って来られたので彼女に会いにいきました。きっと60歳くらいなのですがお洒落で何事にも好奇心満々、京都の旅も毎日予定が二、三件はあった忙しさ、蚤の市で買った骨董品も見せてもらったけど漆の茶碗や茶器、それはそれは素晴らしいものでした。見る目があるのですね。ちょっと気難しいマダムでもあるのですが、好きな事には情熱的です


その後は、おひとりさまの今週の食材買い物。日曜は午前中だけ近くのスーパーが開いてます。日曜の午後から月曜はお店が閉るので駆け込みます。
いつもは、割り込みされたりするレジ事情ですが、今日は嬉しい事に前に並んでいたおじさまが先にどうぞと。時々、1,2点しか持ってない時は先にいれてくれる事もあるのですが、彼の方が明らかに買う物が少ないのに入れてくれるなんて妙だけど親切心に甘えました。
C'est comme ça en France. フランスでは当たり前だよなんて、言ったました。ご機嫌が良かったのかしらね。天気も良くって、ちょっと親切を受けると嬉しいものです。
さて、最近試行錯誤してるアマトリチャーナでも作ろうかな。

d0169247_20572928.jpg


さてさて、レポートですが、次の職場の上司にお願いだからできるだけがんばって仕上げて卒業してくれと言われてます。まあ、そうですよね、面接の時に卒業予定だと伝えたので。
で、で、でも、フランス語って英語よりずっとずっと難しいんです~~~。
死ぬ気でやれば・・・・って言われるけど、その言葉が一層やる気を落とさせるんですよね。
って言い訳は色々ありますが、30ページのミニ論文は果てしなく不可能に近いと宣言します。
ご勘弁を~!

さて、ムッシュはというと基本的に出張にでかけたらSMSでしか連絡取りません。電話はしません。
基本的に平日でも仕事に出た後は電話で話しません、なぜなら仕事モードに入ると全然対応が優しくないから、喧嘩の種にもなりかねないので。
今回の会議は相当対応が大変な様で自作の工程表は30ページにも及んでました。見る気も起きません。
欧州のディナータイムは基本的に8時以降な所が多く、こういうレセプションになると夕食の前にカクテルがあるから、更に遅くなるから本題の仕事も大変だけど夕食会のアテンドだけでも体力的に大変なんですよね。
彼は一人で食べれるときは絶対におひとりさま、昨日の晩はレセプションだったそうでメインが運ばれてきたのは何と22時半過ぎ、終わったのは深夜0時だそうな。
私も経験あるけど、もうこの胃もたれと寝不足で3日後くらいから集中力もなくなり仕事にも専念できないんだよね。。。。そういう面でも欧米人は見てると、深夜まで飲んで食べて翌朝もしっかり起きてクロワッサンにエスプレッソ、やっぱり体力あるなあと感心しちゃいます。

体力がやっぱり資本ですよね!
さて、今日から一週間おひとりさま生活が続きます。子育てしてる人には、贅沢!って思われそうだね。
久しぶりに映画でも見に行こうかな。
写真は記事と関係ありません。
Have a nice week!!
台風逸れてくれる事を祈ります。

d0169247_2055370.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-30 20:59 | la vie quotidienne

読書の秋   

そういえば、しらっとブログを再開してます。というか、数か月お休みしてました。
大学の講義が終わった4月ごろにipadを買ってもらいメールも全てipadで受送信、
簡単な文書作成もエクセルもネット検索もすべてそっちを使っていたのでブログ更新してなかった4,5カ月パソコンを一回たりとも開けたなかったです。まさかこんなにipad中心の生活になるとは思ってもみなかった。
それにipadだとブログに写真をアップできないので、ブログもおさぼりしてました。
また時間があったらこの時期のこともバックデートしてアップします。

さてさて、季節はすっかり秋、~寒いし、この数日は雨、大雨、曇り続きで気分も沈みます。

何も手につかずリビングに転がっていた面白そうな本があったので(ムッシュ購入)立ち読み。
これがこれが、面白くて立ち読みでは終わらなくすっかりソファーで読みこむ事になる。

この本、欧州人の特長の本質的な部分をよ~~く研究して分かりやすく面白おかしく書いてあって楽しい。さらっと読めるけど、余計な部分が一切ないと言ってもいいくらい本質をついてます。
例えば、よくあるジョークですが「この世の天国」とは、
コックはフランス人、警察はイギリス人、技師はドイツ人、銀行家はスイス人、恋人はイタリア人、奥さんは日本人。(笑)みないなユーモア、ブラックジョークが随所にある。
色んな国籍の知人を思い浮かべながら読んでると当てはまる事が多くてニヤニヤしちゃいます。

国柄で性格判断も、偏見ももっちゃいけないけど、これで欧州人の国別対応けっこういけると思う。その名も、「ヨーロッパ各国気質」表紙のアニメからちょっと和らぐ感じ。
本の選択はさすがムッシュ、いいとこ突いてます。これ、ジュンク堂で税金ついて三倍近い値段しちゃうけど買う価値あり。

そういえば、私がパリに来る時に暇つぶしにと買った本は「県別性格判断」なるもの。

パリに来た当初は日本国内の県民性気質、そして三年目に買った本は各国別の気質と、三年で範囲広がったわけですわ(笑)

この前は本(半分以上はハードカバー)を約90冊売りました、お値段は86ユーロ、状態はきれいだったけど古本になるとこんな値段なのね。。。こんなもんだと思っていてもちょっと悲しいかな。
[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-28 00:22 | その他

帰国にむけて。   

ちょうどパリで過ごす日々も今日で1ヶ月を切りました。

お知らせも兼ねてですが、一カ月後に私だけ先に帰ります。
ムッシュはその後2ヶ月のお1人様生活が続き、
年末にまたパリで合流して引き上げ引越です。

私が帰る前に船便で一便を出すので、
というか、家の大半の物をこのタイミングで出します、
引越の見積もりを今日とってもらいました、航空券も昨日支払いました。

そんな帰国まであとちょっとだという時、この前から検査していた結果が出て思わぬ事態に。。。。

引越の他にも今やらなきゃいけない事があって焦っているのか、
この一週間で曜日を何度間違えた事か。。。昨日も曜日を間違えて翌日の待ち合わせ場所に行ってしまった。
ムッシュはというと、一年で一番大きな会議対応の為に今月は猛烈に忙しく、
ここの所、帰宅は23時頃、ご飯食べて一時間以内に寝てるけど、こんな生活でいいのかしら?
昨日は出張前日だという事もあり、帰宅も遅く、パッキングして寝たのは2時、
今朝は5時起きで出発です、大事な本番前にこんな睡眠不足でいいのか??

実は健康診査で再検査した結果がよろしくなく、急遽手術することになってしまったのです。
先生は再来週にでもしようという、というのも術後最低でも3週間は飛行機に乗らない方がいいからだ。
もし、乗ってもしもの事があったら保険も効かないかも??
ドクターはいますか?なんて事になる???怖。

そんな事より、検査結果にどーんと落ち込みます。
ムッシュも今日から10日いないし、戻ってきた時には私の出発まで残り2週間だよ~。
出発直前には、荷物の大半を送る引越もあるし、何だか忙しくなりそう。

やれやれ、帰国直前でパリを満喫しようと思ってたのに。。。うまくいかないもんです。
それに来月中に提出する30ページの卒論もまだ着手してないのに。。。。。どうしよう。
何を優先して取り掛かればいいのかしら・・・・
頭の中、どうしよう、どうしよう、何から片付けいいやらでウロウロしてます。
[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-27 23:35 | その他

バカンス2012   

海辺に孔雀のいる風景、初めて見ました。
しかも孔雀さんの数は数えきれない程、海水も飲んでましたが、ここの環境があってるのかしら?
焼けました、泳ぎました、シュノーケルもしました、ウニも捕りました!ウニわんさかいました!!

d0169247_3203262.jpg

d0169247_3372568.jpg


フランス人は九月はバカンスの思い出話で仕事が手に着かないと言いますので、
私ももうすぐ終わる九月をバカンスネタで締めます。
行ったのはちょっと前ですが今月です。

行き先はクロアチア。ムッシュがパリに来る時にパリのガイドブック以外に持ってきていたのが、クロアチアの本。泳げないし焼きたくないし、基本的には海は好んでいくタイプじゃありませんがクロアチアは行ってみたかったみたい。要塞の中の街は、オレンジのレンガ屋根と白い城壁で統一されていてとってもきれい。
特に夜になって、泳いで腹ペコの観光客たちで賑う頃には街もライトアップされていてとっても綺麗、
美味しい魚介を食べて白ワインで乾杯して、お腹いっぱいになったらお散歩がてらお土産屋さんやブティックをウィンドーショッピングする時間もなんとも幸せ。
ひと歩きした頃には、ジェラートも食べちゃうコース。

d0169247_3234498.jpg

d0169247_3233785.jpg



この街はアドリア海の真珠とも呼ばれてますが、
魔女の宅急便のモデルにもなったみたいです。

クロアチアは長期滞在者も多いのでアパートメントタイプの宿も多いみたいだけど、
今回のホテルは予約したのも直前だったので空きがなくってちょっと豪華ホテルになっちゃいました。
プライベートビーチとプライベートプールつきです。
ビーチっていうから、砂浜があるのと思いきや、プールの奥が海って事でした。
しかも、足なんて全然着かない深さ。プールから梯子を下りて海に入りますが最初はちょっと怖かった・・・
でもおじさんおばさまも泳いでるからちょっと潜ってみました。

今回も海と魚介がお目当て、イカスミリゾット、小魚、イカ焼き、イカフリットなどなど、どれも新鮮でシンプルな味付けで美味しかったです。

青い海の写真、既に見返し始めてる・・・懐かしいよ、また行きたいな~。
d0169247_334971.jpg

d0169247_335912.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-27 03:35 | バカンス

ちょっと前の小旅行   

ちょっと前に車で出かけたノルマンディー地方。

まさかパリに来た時は車なんてここで絶対運転できないと思っていたのでこんな日が来るなんて感動なんです。車でノルマンディーまで行けたなんて、私達もやればできました!!

ムッシュも今更ながら、一年前からは車を頻繁に出す様になりました。通勤も最近はがんばって車、でもそれはそれはルールなんて車線なんてない朝のラッシュは一緒に乗っていて寿命が縮まりそうです。

今回行ったのは、ノルマンディーのエトルタ、そしてオンフルール、とそのちょっと先の「美しい村」に登録されている可愛い村まで足をのばしました。

目的はさておき、4,5時間の運転で初めての所へ辿りつけるが何よりの課題でした。
夕方にパリを出発するも、パリを出るまでがいつも大渋滞で電車で10分くらいの距離を車で一時間もかかっちゃいました。でもパリを抜けると高速は130キロでスイスイ。運転も交代交代が家のルールです。

夜9時ちょっと前に目的地のエトルタに到着!シャトーホテルに登録されているホテルで、岬の上に位置したホテルの部屋からは海とエトルタ岬と街が見下ろせて最高の眺めでした。
これだけで、がんばって運転してきた甲斐あり、感無量。
d0169247_2326752.jpg


もう1つ感動したのは、ここのホテルの裏は岬の上、自然がいっぱい、野兎ちゃんがすっごい沢山いて驚きました。さすがに近づくと穴に入っちゃって上手くとれなかったけど、見えるだけでも40匹くらいが野原でぴょんぴょん跳ねてました。

次の日は、ここから運転して港町のオンフルールへ。
観光地ですし、土曜の朝一も開催されてたのですごい人でした。
d0169247_301066.jpg

d0169247_2582052.jpg

お天気悪かったけど、雨のなかでもがんばっていたオルゴールひきのおじいちゃん。

d0169247_311664.jpg


そして更に車で一時間半走って、行きたかった村!美しい村に登録されている、ボーブロンアンオージュ到着。
d0169247_342865.jpg

本当にちっさな村で直線距離で5キロくらいかしら?もっと小さいかも。
でも小さいアンティークのお店を見たかったのです。
特に収穫はありませんでしたが何とも可愛い村でした。
[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-27 03:06 | バカンス

Benoit   

先々週は外食続きの毎日だったので、
先週はマルシェでどさっとお野菜、果物、きのこなどなど買いこんで家ご飯習慣。
日本風のかぼちゃを買って、それがとっても甘かったのでカボチャオンパレードでした。
カボチャグラタン、煮物、そしてカボチャと無花果のサラダ。

そして、先週はパリで今年が三回目の「レストランにいきましょう!」(ちょっと適当な訳ですが)という企画の1週間でした。

日本だとレストランって庶民的な所をイメージするけど、
こっちでレストランと名がつく所はちょっといい値段しちゃう、っていうかちょっとどころじゃない。
レストランと名がつけば、最低でもコース1万以上は軽くします。。。だと思う。
ルドワイヤンは連れて行ってもらったけど、もちろん私達じゃ払えません・・・

でもビストロは庶民的というかお財布も服装も普段つかいで行けちゃう所。
といってもビストロもピン切りだし、ランチメニューでも安くて20ユーロくらいはしますし、
夜は結局アラカルトで頼んでワインも飲んだら1万はかかっちゃうかな。
賑やかで、ダイナミックなビストロ料理は大好き、ただ外食するとフランスは待ち時間がとっても長いのが難点。だけど、待った甲斐あって豪快なお肉料理や、地方料理、充分レベル高いお料理が出てきます。

で、アランデュカスが確か仕切ってるこのレストランに行く事を推進する習慣?!だけは、
限られたビストロ、レストラン、カフェを対象に、
な、な、なんと二人目がコースただという何とも嬉しい企画なのです。

実はこれ、ムッシュの誕生日ディナーのレストランをあれこれ検索してる時にふと見つけたんです。
フランス人はきっと知ってるのかもしれませんが、ポスターも見かけた事ないし、
あまり周りでも聞いた事がなかったので半信半疑でしたが、
何度も読むとやっぱり二人分が一人分でいいらしい!

気付いた時には、予約開始日から1週間経っていたのでほっとんどのレストラン、ビストロは空きがありませんでした。やっぱり皆知ってたのね・・・・

でも、奇跡的に空きを発見。そこは、今年100周年を迎えた、アランデュカスのお店Benoit。
日本にもお店あるみたいだね。

という事で、私がおごりの誕生日ディナーは予定外に穏やかな金額におさまりました。
味は勿論、すっごく美味しかったです。クラシックフレンチを出すお店です。

ワインはボルドーの白。
付き出しのグージュ―ル、それから前菜がサーモンマリネとマリネしたジャガイモとポワロー添え、
メインがとびきり美味しかったパンタード(ホロホロ鳥)です。お肉がジューシー、今まで食べたお肉で最高の焼き加減!この焼き具合のうまさには、二人で目を合わせてしまいました。
いつも美味しいこの薄い茶色のソース、作り方知りたいな。それにポテトと白桃のソテーです。

チーズはブリとチェーブル、どっちも熟成がパーフェクト。特に、Brie de meauxは中がとろとろで、お腹いっぱいだったけどパンを何切れも食べてしまった。(パンにつけて)

デザートも、最近ずっと食べたかったミルフィーユでした。
クリームがこんなに甘くなくていいの?!(それでも日本でいう甘めだけど)って程、甘さ控えめで
パイ生地の甘さとバッチリ。
そして、今日のコースはこの企画の為に用意されたもの、
その所為が普段の量よりは全般的に量が控えめな気がする、それも私達には嬉しい。
普段だったら、量が多くてデザートまで辿りつけないので。
d0169247_512590.jpg
d0169247_5122063.jpg

このパンタードを食べに、正規料金でいつかまた来てもいいお店でした。
こうして、ベノワのリピーターが増えていくのかな?それにしてもお試し価格で食べれる「レストランへ行こう!」企画、最高です。
[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-25 05:23

16区マルシェ   

久しぶりにお隣の16区のマルシェに行きました。
夏前に行ったぶりかな。ココの方が近所のマルシェより無農薬農家や日本の野菜を作っている農家さんが出てるので時間があれば毎週行きたいのだけど、どうしてもいつも近場で済ませちゃうんだよね。

ちょっと遠出して行った甲斐があって、会いたいと思っていた人にばったり。
それは、お料理の先生なんですが、この季節は何か美味しいのか、何のタルトが今なら作れるのかって聞きたかったのでばったりお会いできてうれしい。

一緒にマルシェを見てる間も、ココの水菜は新鮮、このセップ茸はまだ早い、ジロール茸はココのが綺麗、などなど色々教えてもらってる内に買い物バッグはパンパン。
日本のカボチャを買ってしまったで重いのは当たり前ですが、久しぶりのカボチャですから買わない訳にはいきません。
苺のジャム作ろうと思ったのですがやっぱりシーズン終わりで高かったのでやめました。

暑くもなく、寒くもなく、今が最高に快適な気候です。
d0169247_17272330.jpg


今日は先生に教えてもらったらピーマン・ドュー(写真にないけど青唐辛子みたい)を素焼きしてみます。これは、日本のしし唐みたいで辛くないんですって初めて知りました!大好きなしし唐がパリにもあったなんて嬉しい!それから、水菜も久々、軽く茹でてお浸しにします。
昨日まで、日本から友達が来てて外食が続いて後半はキャベジンに頼ってたので、
新鮮な野菜で和の味付けが食べたかったんだよね~。
冷蔵庫もパンパンです。

d0169247_17282539.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-18 17:13 | 野菜&果物

Bon anniversaire   

今日はムッシュのお誕生日でした。
今週は私の日本の友達やムッシュの同僚が遊びに来ていて外食が続いてます。

お誕生日前日から一泊二日の出張で、帰ってきてから家でちょっとお祝い。
でも、出張から戻りの電車が事故で一時間以上遅延、予定より遅い帰宅になってしまいました。

友達が来ていた事もあり夕食は手抜き・・・友達と待ち合わせの前にケーキだけ焼いてみたよ。
でも、スポンジ一回目は失敗して二回焼く羽目に・・・・

それにしても、センスのないデコレーションでしたね。
ケーキを出す時には、日付が変わってしまいましたが、
★お誕生日おめでとう★

d0169247_1825864.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-13 18:24 | お菓子

アロマキャンドル   

これ、箱が可愛いし、キャンドルの大きさも、三つの香りの組み合わせも抜群。
そしてそんなに高くない、確か22ユーロだったかな。

香りは、オレンジフラワー、いちじく、ワイルドべりー
30分もキャンドルをつけていたらお部屋の中が
ほんのりしあわせな香り。お風呂で炊いてもいいしね。
d0169247_21181070.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-12 21:18 | お気に入り

パリの普通   

ムッシュの職場の後輩が遊びに来ています。
昨日は一緒に夕飯を食べました。
お会いした時に奥さまが言ってました。

地下鉄はエスカレーターないから、ベビーカーと子連れで階段上がるの大変でした。
うんうん、そうなんです。

地下鉄で寝てる人余りいないですよね。確かに、寝たら危険な雰囲気ありますよね。
そうですね、地下鉄に乗れたからほっとするより、乗ってからの方が緊張してる気がします。
だって、昨日も地下鉄の構内アナウンスで、「駅構内に只今スリが居ますので、お荷物気をつけてください」なんていうアナウンスが流れるんだもーん。

ランチから皆さんワインとかビールとか飲んでるんですね。何時か確認しちゃいました。
そうそう、しっかり飲んでます。その後、運転だってしちゃいます。工事現場のおじさんもお昼はビール飲んでます。

そして、私も今日も改めて気になるパリの普通は、
スーパーで長蛇の列で待ってました。レジは1つだけ開いてます、そして二カ所目開きそうな気配。。。。
それを並んでるおばちゃんたちが、しっかり横目で見ています。っていうか、体がもうスタートダッシュ態勢。
開きました、我先にとみんなそっち目がけてダッシュです。みんな本能剥き出しなんですよね~、っていうか秩序とか道徳観が違うんでしょうかね。
今まで時間かけて並んでいた人は、最初の列の前の方に居るんで、損した気分になるんだよね。だって、列の一番後ろの方の人がダッシュで一番に着くんだもん。
どうでもいい事だけど、こういう日々の争いがプチいらいらなんです。
日本だったら、次のお客様からこちらにお並び下さいってちゃんと案内してくれるんだけどね。

昨日はパリでもお子様向けのレストランを探していきました。ホテルのレストランです。
大正解、ぬりえと色鉛筆のサービス!

なんですが、ここからが長い。
8歳以下は無料のお子様メニューでこれまた嬉しいサービスだったのですが、
私達大人の海鮮盛りが運ばれるまでに約45分、そしてここからが長い。
お子様メニューが来るまで約1時間半!!
ちょっと子供も待ちきれなくて、海鮮盛りでお腹いっぱいになっちゃってお子様メニューが来る前にウトウト....
でもがんばって起こしてちょっと食べてもらい、本格的に寝ちゃいました。
どうして、こんなに遅いの~!?
折角早めに待ち合わせしたのに、結局終わったのは23時でした。
子供に親切ではあったけど、最終的にはお料理出てくるスピードは他のお店と変わらないかな。
でも、テーブルも広い、子供サービスありだったのでココはお子様が一緒の時はお薦めかも。
遅くまでお子様たち、お疲れ様でした。

パリの普通だと分かっていても慣れない事と慣れても毎回イライラしちゃう事って色々あります。
[PR]

by paris__tsukuba | 2012-09-12 19:29 | その他