<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

ご無沙汰です。   

気付けば今年ももう師走、数日でクリスマス!
もう少しで今年も終わりだなんて、信じられない早さです。

特に学校が始まってからは、課題に埋もれて溺れそうに毎日を送ってました(>_<)
気付けば12月、そして学校も先週の金曜でひとまず終わり、やっと一息ついております。
といっても冬休みはたった2週間、もう1月2日から授業もテストも始まります。
こちらにお正月文化はないので、年が明ければ早速通常業務です。
フランスの大学学期がとても短く10月~4月と半年のみ(バカンス好きな文化ですので)、

大学はとてもとても難しく来年2日からの授業はもうリタイヤしようかなという方向に向いてます。
大学の事務がハチャメチャで沢山の授業が休講となり、その分残った授業時間で何とか終わらせる為に先生もスピードあげて倍速、ただでさえ理解できてないのにこりゃ無理だよ~と匙ならぬペンを投げたい心境。
とにかく、全ては大学の事務に欠陥があるのだ。
今期は大学校舎の引越した所為もあってアドミ系がカオス状態、
授業が沢山休講となり、授業をまともに受けてないのに課題だけ出されたりして生徒もスト寸前。
大学院を担当してる事務員はたった二人、事務的な手続きをしようにも彼女達には電話も未だに設置されてないし(本当?!)、メールしても返事無し、オフィスに行けば案の定長蛇の列、それもそのはず彼女達が働いてるのは14時~17時だけ、そりゃ皆押し掛けるわな。

とりあえず、ありえない適当さで教室もダブルブッキングとか、未だに工事終わってない教室もあって、沢山休講になってます、毎週の授業日程は寸前の週末に出るとい在りえない状態、これじゃバイトも予定もくめないよね。みんなが不満もってるのに大学側も人員増やさないんですよね。

余談ですが、基本的にフランスはレストランに行っても、お店に入っても必要最低限の人しかいないので、とにかく待たされるんです。きっとチップ文化でもないのでサービス精神低いのではないかと思います。
なので生徒は大抵の不便さ、待たされることには慣れっこなのですがさすがに今回の大学事務の仕事には呆れてるみたいです。
それに加え、一番の問題は私の仏語力が足りなさでして。。。課題が進まない、
書くフランス語が特に苦手で、PCの前に座って何時間経っても進まない原稿と睨めっこ(>_<)
こんな状態で家と学校の往復で地味に暮らしておりました。
1ページ書くのすらやっとの私が卒論60ページなんて絶対に無理。この辺で悪あがきは辞めようかなと決心が固まってきました。

余りのテンヤワンヤに今月最初の結婚記念日も忘れてしまった!っていうか、ムッシュも二年連続お忘れの様でした。
でも、数日後に面白いプレゼントが届きました。

1.低反発の真ん中が取り外し可能な座布団。←いったいどこでこんなの見つけて来たんだろう。
毎日座りっぱなしでお尻が凹んじゃうとでも心配してくれたのかしら。真ん中部分が取り外せるのでこれなら産後も活用できそうです(笑)
2.THERMOS
日本で買ったTHERMOS、冬の間温かい飲み物入れていくと夜まで温か持続で大活躍だったのにこの前学校で盗まれてしまいました。ちょっと凹んでいたら、日本からどうにかして買ったみたい。どうやってあの人買ってるのだろう??とにかく、サンキュです。

そうそう、ちょっと前ですが雹が降りました。
ウチの荒れ果てた植木鉢にこんなに感じに積もりました。
d0169247_1103881.jpg


金曜から休みに入り、土曜はムッシュと初のルーブル美術館。
今回は要人お付ガイドをされている方の歴史ガイドを聞いての鑑賞、
実に朝9時半から約4時間のツアーで最後は立ちっ放しで体力も集中力も限界。
でもとっても充実していました。モナリザことジョコンダ婦人も観た事がなかったのですが、
今回のツアーではモナリザを囲む人だかりを横目に素通りでした・・・

という感じで、この冬休み中に宿題が山の様にあるのですが、
それに取りかかるか否かを早めに決めねばと毎日悩むこの頃です。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-12-20 00:44 | la vie quotidienne