<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

とんかつ   

今日は気温12度。めっきり秋です。というか、ダウン来てる人もちらほら見かけました、寂しいな。石焼き芋が食べたいな。

最近、揚げ物にハマってます。といっても、市販の冷凍コロッケとかエビフライを揚げまくってるだけだけど。ガス台が汚れるし、夜遅い食事時間に揚げ物はまずいかなと思いつつも、やっぱり揚げ物は食欲増進させるんだよね~。って、こんな嗜好の変化も寒くなってきたからでしょうか。

そこに輪をかけて、友人ブログの美味しそうなとんかつ写真を見てしまい、揚げ物祭りのファイナルをとんかつで締める事と相成りました。
因みに、友人はアンゴラ駐在中でホテル住まい。キッチンの無い中でホットプレートで作ったそうです。感心してしまいます。

とんかつを揚げ出したのは、夜10時近かったかも。

はて、美味しいとんかつの基本は、揚げ油の温度、油の質、質の良いお肉、下味って所でしょうか?

お肉屋でechineという背肉の部位を調達。この部位が何をするにもジューシーで美味しい!
それから、オーガニックの菜種油で揚げる。
温度計はないんだけど、IHなのでなるべく高温を維持する様に気をつける。

下味も岩塩とブラックペッパーでしっかり目に。っていうか、何でもない基本ですが、揚げ物は滅多にしなかったし、パリに来てから初めて作るとんかつなもんで気合いが入ります。

おっと、それからソースは市販のソースをだし汁で割ったもの。これがお店で食べる特製ソースに近い味。

衣のカリカリ具合がちょっと弱かったけど、なかなか理想的な味にできあがりました。
やっぱり揚げたては美味しいのでついつい夜遅いのに食べてしまった。
甘じょっぱい卵焼きも久しぶりにレシピを見て、しっかり真面目に作りました。
かなりしっかり目の味付けでしたが、濃い味は食欲をそそります。
卵3個、だし汁大匙3、砂糖大匙3、醤油小さじ1。

それともう一品の高野豆腐の煮もの。
貴重な高野豆腐を使う時は、いつも躊躇してから袋を開けます。もう、これが最後の一袋なので美味しく食べる為にしっかり出汁をとって炊きました。

何か、育ち盛りの男の子の晩御飯みたい。
秋になって気温が下がってくると、自然とこってりどっしりした味が恋しくなるものです。
d0169247_211346.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-30 01:51 | 料理

ジロール茸   

夏のキノコの定番、ジロール茸です。
最初にマルシェで見かけた時は、美味しそうとは思えなかったんだけど
スペインのバルでシンプルに塩味で炒めたのを食べたのが美味しくてパリに戻ってきて買ってみました。
どうやらキノコ類は洗わずにブラシや濡れた布巾で泥を落とすだけの方が風味が落ちなくて良いらしいのですが、ご覧の様にキノコの足の部分や笠の部分に入りこんだ泥がなかなか取れません。

と言う事で、今回はジャブジャブ洗っちゃいました。
お陰でやっぱり風味はかなり消えてしまいましたが、泥は取れました。
マッシュルームも基本は手作業で泥を落とした方がいいのだそうですが、かなり骨の折れる作業。

今回は、ジロール茸とマッシュルームのリゾットにします。
玉ねぎをバターで炒め、
お米も透明になるまで炒め、
そこの白ワインをドカッと入れます。
そして、別個に炒めたジロールさんとマッシュを混ぜて、ブイヨンと煮込んでできあがり。

なかなか煮込んでも歯ごたえが残っていて美味しかった。けど、次回は洗わずにシンプルに塩炒めでジロールさんの持ち味を存分に楽しんでみようとおもいます。
d0169247_1504111.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-27 01:42 | 料理

グリーンピース   

夏休み旅行から戻ってきてから、何もなる気が起きない。
マラソンも行く気がしないし、フランス語もやる気が起きない。
気付けば、この10日間個人的に誰にも会ってないよ!!
こんな停滞した時間って未だかつてない、篭ってます。

今日はマルシェで買ったグリーンピースに驚きました。
生のグリーンピースって実は食べたの初めてかもしれない、いや、レストランでは食べた事あるかも。
でも、こんなに意識して食べたのは初めてでその美味しさに驚かされました。
風味と甘さがあって、今まで色どりで使っていた缶づめのそれとは別物!!なんです。
d0169247_17114381.jpg

まず、1日目は豆ご飯に。カリフラワーとベーコンをバターで炒めて醤油でちょっと味付けしてグリーンピースと一緒に炊き込みました。
これ、激ウマでした。

2日目は、リゾット。
玉ねぎのみじん切り、ハム、グリーンピースをバターで炒め、チキンブイヨンで炊きます。
パルメザンチーズと塩コショウで味付け。
これも美味しかった。
d0169247_17122245.jpg

炊き込みの方が豆の風味が良く出ていたかな。でもリゾットの方がねっとり米と絡んで食べ易さはあったかも。
どちらにも主役級で活躍できる存在感ありのグリーンピース。
まだもうちょっとお店に並んでいるだろうから、また買ってみよう。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-26 17:01 | 料理

遊び道具   

今月の15日に産まれた姪にプレゼントを考えてます。
というか、ムッシュの両親からのご祝儀などが送られて来たにも関わらず、すっかり自分もお祝い送る側だって事を忘れてました(>_<)
っていうか、気付いたのもムッシュでしたし、現金のご祝儀と同額のプレゼントを送る事にしました。
それで思いついたのがコレ。オンラインショップで購入します。

おさかなシロフォン



1歳から遊べるみたいです。今回は女の子だし、これなら小学校に入るまで遊んでもらえるのでは?ボーネルンドはデンマーク語で「子供と森」だそうです。

愛子さまも御使用の遊び道具、五感を磨いて有意義な遊び生活していってくださいね。
かわいいデザインで私も欲しい、部屋に散らかっていてもココのおもちゃならインテリアになりそう。でも、ちょっといくつもは買えないな・・・
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-25 16:56

ホンダリビア   

スペルはHondorribia、ココもサンセバスチャンから向かった海沿いの美しい町。
観光案内所で、ゲタリア村とココをお薦めされて行ってみました。ココもバスで40分程。

とにかくココも小さい町なので3時間くらいあれば旧市街を見歩けちゃうかな。
おとぎの国のようなカラフルでメルヘンなお家達、そしてそこから海が見渡せちゃうなんてパラダイスですよ。
d0169247_0365887.jpg
d0169247_0372661.jpg


ここは丘に建つ城塞を改造してつくったホテル Parador de Hondarribia
d0169247_0385388.jpg

いつかこんな所に泊ってみたいけど、今回はまずはテラスで一杯。
d0169247_0394074.jpg

お昼に飲んだシードル。
フランスで飲むシードルと全然ちがって、甘くないんです。
最初飲み難かったけど、ご飯にはこっち方が合うかも、きっと砂糖使ってないから天然の味で健康に良さそう。
d0169247_045318.jpg

レストランのテラスから釣り少年を眺めていました。二本の釣竿で器用に釣りしてる所に頻繁に観客が話しかけてくるんです、その度に捕った魚を見せてました。
d0169247_0463819.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-24 00:47 | バカンス

ゲタリア村   

食べるだけじゃ勿体無い、サンサバスチャンからバスで近くの村、町にも足をのばしてきました。

山と海が主に見所なので、本当はレンタカーなどを利用して車で移動するのがきっと一番良い過ごし方なんでしょうが、生憎それができなかったのでバスを利用しました。

バレンシアガの生れた町、そして白発泡酒チャコリの葡萄栽培で有名な港町のゲタリア。
バスで40分くらいでした。海沿いの山道を通るので景色も最高でムッシュの望遠鏡が大活躍。
ここは魚の炭火焼きが食べれる町としても有名らしいのですが、
私達が到着したのはお昼すぎの15時。残念ながら、レストランの店先にまだ温かい焼き場があるだけで食べる事はできませんでした。

それにしても素晴らしい眺め
d0169247_0242475.jpg

一面の葡萄畑。
d0169247_0245266.jpg
d0169247_0253063.jpg

ちなみに、このチャコリはこうやって上からドボドボっと勢いよく注ぎます。
どこのお店でも、忙しいバルでも一杯一杯こうやって注いでくれるんです。
グラスもここ特有のボデカという底が平べったいグラスです、これでシードル、ビール、チャコリを飲みます。
d0169247_025511.jpg

丘の上に建つバレンシアガ美術館
d0169247_028617.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-23 00:30 | バカンス

甘いもの   

美味しそうに見えるけど、バスク地方の甘いものはと~っても甘かった。
d0169247_19252552.jpg

d0169247_19502182.jpg

フランス、スぺイン、ポルトガルもやっぱり全般に甘いものは激甘で素朴なスウィーツが多かったかな、甘さ控えめなんてもっての外、甘くないスウィーツなんて美味しくない部類に入るんだろうな。
とにかく、ドーナツも周りに砂糖ぎっしりの上に中のジャムも甘い、焼き菓子もこれでもかってくらい甘い、ケーキだって砂糖がじゃりじゃりしてるのもあるし、甘いものはちょっと1個食べるのがやっとって感じでした。
その点パリはさすが名店が犇めきあってますから、選択肢も幅広いし、味も甘いけど洗練されてるの改めて気付きます。
こっちの男子もかならずと言っていい程、ランチにケーキをつけて買います。それはパン屋さんでも会社の食堂でもみかけます。

旅先では何軒か試したけど、余り当りだったお菓子はなかったかな。
でも、フランス側バスクのマカロンの元祖と言われるmaison Adamというお店のケーキは美味しかった。ミルフィーユとモカエクレアを買ったのですがモカエクレアがカフェの香りがしっかりしてるクリームでとびきり美味しかった。残念ながらパリには店舗がないらしい。

この前から何か美味しい甘味が食べたいと無性に思って、冷蔵庫やストックを漁る。
まずは小豆系が欲しくなり、とらやの水羊羹、そのあとに白玉つくってきな粉で食べる。
次の日は板チョコ、クロワッサンチョコ。だけど、何か違う、本当に食べたいのは何かコレじゃないんだな~。
痒い所があるのに、何かどこが痒いかイマイチ分からなくて違う所を片っ端からポリポリ掻いてる感じに似てる。

そして、見つかった!ネットみてて、これだと。それは、プリン。美味しい卵の味がする焼きプリン。
今回は健康にも良いかなと豆乳プリンに挑戦。
http://cookpad.com/recipe/347091
感想:初めて豆乳プリン一口食べるとちょっと豆乳のクセが気になったのだけど、カラメルソースをかけると見事にそれは解消されてずっと食べ易くなりました。味をごまかしたと言うのかな。夏はこういうデザートに限るね。って、パリは全然暑くないのだけど。
焼き菓子もチョコにも飽きたらまたゼリー系、ムース系を作ってみようかな。
d0169247_19464624.jpg


日本のコンビニにいったら美味しいのがあるんだけど、こっちだとボンヌママのが一番求める味に近いのだけど、やっぱりそれだとやっぱり甘すぎで手作りの美味しさがないのだ。
やっぱり日本の市販のデザート系はお手頃で甘さ控えめでバラエティー豊富で美味しいと思う。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-21 19:53 | la vie quotidienne

続・バスク地方 食   

こんなにお魚や魚介が新鮮で美味しい街だったらお寿司屋さんがあってもいいのにね。
って話をしていたら、
寿司コーナーを発見?!まさか~、なんて思ったいたらありました。
何と2日目の夜に入った一軒目のバルのカウンターの一角に日本人の女性二人がお寿司を担当してました。
ちょっとお話してお寿司をいくつかいただきました。
ネタはエビのマリネ、こはだ、それからカリフォルニアロール、サーモン、カツオの炙りなどなど。
どれも酢がきいて美味しかったけど、薄暗いく賑やかなバルで食べてる所為か何か妙な感じ。
ピンチョス価格で一貫が2.5€だったと思います。残念ながらお寿司の写真は撮り忘れた。
d0169247_005679.jpg


2日目に行ったバルも人気らしく、とにかく人が多くて店から溢れる程、カウンターまで漕ぎ着くも注文するのに気付いてもらえず呆然と立ち尽くす事15分。もう諦めようかと言われたけど、それでも焼き物をその場で焼いてくれる美味しいそうなお皿を横目でみると食べてみたく踏ん張る、がんばって注文までこぎつけた、焼き物はエビ、タコ、ホタテ、ベーコン、などなど豪華な組み合わせ、待ったかいあったかな!

d0169247_074629.jpg
でもいざ会計するにもやっぱり10分以上はなかなか気づいてもらえずまた待たされる。食い逃げって訳にもいなかいし。。。。そこで攻めて、スペイン語で「会計」だけでも覚えようと前夜に覚えたラクエンタ(スペイン語で会計)を連発。やっぱりスペイン語で声けると店員さんもさっと気付いてくれるんだよね。
多分、店員さんも忙しくて視覚で一々客の事なんて気にしてない感じだから聴覚で聞こえた方を振り返る感じ。英語も仏語もそりゃ地元の人には聴覚に反応しない響きだもんね。

バル3日目、朝の魚市場並の勢いとスピード感あるバルのペースに少し慣れてきたかな。
店員さんが振り向いた隙を狙って手を挙げて注文。っていうか、注文はもっぱら私の役目、会計はムッシュ担当、これウチの役割分担。
ここのバルGanbaraは街一番の美味しさと聞いていたので初日から探していたのだけど開いてなかったんだよね。帰る前に行けて良かったよ。まずカウンターに位置を取ると、観光シーズンに珍しく地元風のバスクおじさんが横にいるではないか。これは、このおじさんの注文を真似しようと、店員さんにこっそり指差しておじさんさんと同じ物を注文。まずはアンチョビのガーリックソテー。これも食べるべし一品、それからキノコソテーの盛り合わせ。何でもないシンプルな塩味の二品なんだけど、これぞバスクの素材が最大に生かされてると感動しました。
バスクはキノコ類も美味しいのです。
それから、チャングロ蟹のタルト(お代わりしました。)、ここのお店特有の手作りクロワッサンサンド(生ハムサンド)、それからコロッケ(生ハムと干しだらのクリーム)などなど。
私たちの注文を聞いてくれるおじさんはなかなか寡黙な感じで注文する時にしか目が合わないくらい忙しく動いてました。

d0169247_23593163.jpg
d0169247_00847.jpg


そして会計をすると、お釣りと一緒にそっとお店のキーホルダーをくれました。
キノコのキーホルダーで可愛い。コレ、がんばりましたで賞って感じでしょうか、とにかく嬉しいサプライズでした。勿論、非売品。

その他、今回食べたピンチョス。
d0169247_07193.jpg


d0169247_081162.jpg

d0169247_095132.jpg

d0169247_016080.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-21 00:14 | バカンス

プレゼント   

「最近またドリカムが聴きたくなったんだよね~♪」
って、ちょっと前にムッシュに言っていた私。
youtube観てたら、知らない曲も出てて今月始めくらいに久々に聴き出していたんです。

そして、何とさっきyoutubeをみると、
20日の14:00から宮城でのミニライブを生中継でビジネス支援チャンネルで観れるいう案内を発見!!?
ビジネス支援チャンネルって普通にメンバーとかじゃなくても観れるのかしら??
ビジネス支援だから、もしかして支援に協力してる人じゃないと観れないのかな?
えっと、パリだと朝の何時になるのかしら?早起きしなきゃ。
http://www.youtube.com/HigashiNihon?#p/l/ukGNmoM5vyg

こんなナイスタイミングで生ライブが聴けるだなんて、なんてバースデープレゼント!!じゃな~い。とワクワクしてるのですが、果たしてちゃんと観れるかしら。観れるといいな。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-20 06:03 | la vie quotidienne

ミニ葛藤   

パリはすっかり秋風吹いて、秋空です。
それでもまだ8月の中盤過ぎ、フランス人の多くはまだバカンス中なのでパリは人通りも少なく、路駐も少なく、狂って大声出してる人も少なく、道ばたの落し物も少なく、はっきり言ってちょっと快適。

楽しみにしていた夏休みもあっという間に終わっちゃった、そして夏も来たのか来なかったのか分からないままあっとういう間に終わっちゃった、日本はまだ猛暑で38度もあると言うのに。
ムッシュもパリに戻ってきて翌々日から仕事です。翌日は日曜だったので。
因みに、その日は祝日の月曜だったのに、1週間も一緒にいた私の相手に疲れたのか(恐らく)、はたまた1人の時間が欲しかったのか、仕事が忙しいのか、上司も休んでるのに休日出勤です。
9月からまた忙しいので仕事モードに入ってます、そして段々いつもの日常が戻ってきています。

私はと言えばここ1カ月、毎日ミニ葛藤してる事があります。
それは、ジョギング。
3ヶ月ほど前、ある知り合いとパリマラソンに出ようよと約束をしてしまったのです。
その時は、これが痩せる良い機会?!と思ったけど、
地道に練習するってのは大の苦手、継続って事が本当に苦手なもので、その時はやる気もあったんだけど、気変わりの早い私は1カ月後にはやる気かなりダウンしてました。
一緒に参加するお二人もそれぞれバカンスに出ていて一緒に練習したのは一回だけ。。。

偶に気が向いた時に走ったいたんだけど、3キロが限界・・・
本番が近くなるにつれ、そろそろ走ろうかな、いや走らねばと思うのですが何せやっぱりマラソンは好き慣れない。
続けてると好きになってマラソンしないと気持ち悪い位だよって話も聞いた事あるけど、やっぱり今の所好きになれない。でも、このマラソン大会に出るとメダルとパリマラソンTシャツがもらえるし、何せ参加費も払っちゃってるからなるべくなら参加したい所。

そんな訳で旅先でも、ムッシュが仕事してる間、朝の海辺、気が向く要素がある時にはなるべく走ってみました。

パリに戻ってきてから、何となく時間もある今なのでコレって走れって言われてるかの様で今日も走ってきました。4.5キロ走れる様になったけど、一向に好きなれないマラソン。
唯一、公園が広くてコスモス満開で、涼しくて天気も良いのが何とか重い腰をあげて走る気になる要素。断言してもいい、多分寒くなってきたら絶対に続けないだろう。

4.5キロも走ったのに私は何故か汗を殆どかかないのです、顔が真っ赤になるだけ。
もっと汗かいて老廃物出したいわ、これじゃ体に熱こもって逃げてないじゃない。
目標は6キロなんですが、今の4.5が限界。
本番まであと20日なんだけど、6キロ走るのはぶっつけ本番になりそう(笑)
っていうか、今も朝ごはんの後は食べたばっかりだし、昼ごはん前は空腹で倒れちゃうかもしれないし等など何かと行けない理由を探して後回しにしてまで嫌々行ってるマラソン、
このままあと20日継続できるかな・・・今の距離をキープできるかさえ危ういよ。

明日は雨が降らないかな~、降ったら練習できないのに(-"-)
なんて、毎日葛藤してます。

ああ今年も一番好きな夏が終わっちゃった。
毎年増えていく麦わら帽子達、今年も大活躍!強い紫外線から守ってくれてありがとう。
d0169247_23171054.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-08-19 22:47 | la vie quotidienne