<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

パリ観光・その3   

お次は、ナイトショーを観にLIDOにやってきました。
シャンゼリゼ通りのヴィトン本店も真向かいです。

絶対にここもこんな機会が無ければ、私達二人で来る事は無いでしょうね~。
パリを離れる前に一度行ってみようかと言っていた日が思いがけずに訪れました。

食事を終えると、ショーが始まり。
8頭身くらいの美女達が華やかな衣装でステージに登場。リオのカーニバルの様な感じでしょうか。
美女達のダンスの合間には大道芸、パントマイム、アクロバティックなショーも入りなかなか見ごたえありました。っていうか、子供もいたけど年齢制限しなくていいのかしら??

舞台設備も凄くて、舞台の真ん中に仕掛けがあって演目毎に、切り抜かれた中央部分がスケートリンクに変わったり、天井スレスレの高さ(10メートルくらい?)のピラミッドが出てきたり、最後まで本物?!と見分けがつかない馬が出てきたり、噴水が出てきたり、そりゃそりゃ踊りと舞台芸術でも飽きさせない2時間近いステージでした。
それを偶々運よく、ステージの真横の席で観れたのもかなりラッキーでした。接待したお客様達は特等席をとってくれたのねと言ってくれましたが、これは偶々です。
残念ながらショーの写真は撮れませんでしたが、トップレスの美女達に一同終始釘付けでした。
d0169247_2031823.jpg


ショーが終わって劇場を出ると長蛇の列ができてました。
何と次は23時からのショーがあるみたいです。パリの夜は長いのですね。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-30 20:11 | la vie quotidienne

France3のジャーナリストとカメラマン解放   

アフガンで547日間捕虜となっていたフランス3(テレビ局)のジャーナリストとカメラマンが無事解放されました。
朝テレビをつけるとどのチャンネルでもパリの空港が生中継されてるから、何や何やと見ているとタイトルの取材でした。この二人の顔はパリに居たら、あらゆる機会に目にしていたし、私が赴任になる直前に起きた事件だったので、時間の経過と共に気になっていました。それにしても良かった、無事に暴力は悪い扱いは一切受けずに監禁されていたとの事。
サルコジの人気は低いけど、彼の実績はフランスを認めざる得ないと思う国民も多いと世論にあった。

フランス3のサイトから引用
Arrivés vers 8 h 45 les deux ex-otages ont aterri à Villacoublay. Ils ont raconté leur détention.

"Jamais, nous n'avons été menacé de mort". Hervé Ghesquière et Stéphane Taponier ont expliqué les conditions de leur détention, ils n'ont jamais été martyrisés ou menacés de mort par leurs ravisseurs.

Les deux journalistes de France télévisions, retenus 547 jours en Afghanistan, sont de retour en France depuis 8 h 45.

L'équipe de France 3 Languedoc Roussillon décroche le portrait de leurs confrères ce jeudi à Montpellier.
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-30 17:00 | nouevelle

パリ観光・その2   

皆がどうしても行ってみたいという希望で、モンサンミシェルにも行ってきました。

ムッシュは仕事でしたので6名で参加、車をチャーターして片道3.5時間かけてパリの北西に位置するモンサンミシェルに行って参りました。

この日は結構暑くなるという予報だったので、出掛ける前に家にある帽子と水をありったけ車に詰め込んで出発。
連日のハードスケジュールで皆さん車の中では爆睡。
その間、運転手さんも道中でちょっと疲れたらしく水をがぶ飲みし始めたり、首を回しはじめたりしてちょっと動きが怪しくなった事に気付いた1人が私を起こし、運転手さんに疲れてないか確認してと言われました。ちょっと疲れたらしい・・・
幸い事故にならなくて良かったけど、あの時気付いていなかったらと思うとちょっと怖い。
d0169247_3314268.jpg

世界遺産ですので観光客でごったがえしてはいましたが、見ごたえは充分ありました。
要塞のような大巡礼地、今でこそ海の潮が引いてしまったけど、昔は海水で潮が引いた時にしかこのモンサンミシェルに渡れなかったんですね。
因みに、この辺りの羊はプレサレ(塩辛い野原の羊)と呼ばれていて潮が満ちた野原の塩分が多い土の草を食べて育つ羊の肉が一味違って美味しいと有名です。
モンサンミシェルと言えば、ふわふわオムレツ、またはガレット、そしてこの羊の肉が有名なのでどれを食べようか迷ったけど、今回は一番外れないガレットにしました。
島全体が観光地なので、美味しいお店もあれば、高いだけで美味しくないお店も多いと聞いていたでのココだけはしっかり下調べして行きました。
今回は、SIRENEというレストランを目指しました。二階がレストランになっていて、一階はお土産さんなので、調べて行かなかったら絶対に通り過ぎていたはず。
d0169247_3333366.jpg

店内は狭く20人くらいで満席になりそうなスペース、屋根裏部屋風でちょっと喚起ができてなくて暑かったかな。ちょうど、日本の旅行雑誌の取材班も居て、店内は日本語が飛び交ってました。
そして、食後は山の上にある修道院へ向かいます。

200段近い階段を登るので、大変だよと前夜に出張して来てもらった指圧師さんも言っていたので覚悟していたのですが、意外と覚悟していたからかそんなにキツクは感じなかったかな。
d0169247_3304953.jpg

d0169247_3442835.jpg

↑日本人と韓国人がとっても多かった。
今回は、皆の観光に同行してけど自分の観光という訳にはいかなく誰かを見失わない様に気を付けていたので余り写真とかお土産には集中できなかった・・・à la prochaine

道幅がとっても狭い上に観光客が沢山いるのでちょっと人酔いしそう。
これが当時なら、きっと静寂で神聖な場所だったのだろうけどね。
でも、どうやら昔から巡礼者が集まった為に島の上が修道院、麓は商人たちが住みつくようになり宿泊業やお土産屋さんで犇めきあっていたらしい。
江戸時代におこったお伊勢参りを連想します。
d0169247_3342036.jpg

そして、約二時間半滞在して再び車に乗り込みパリへ戻ります。
運転手さんは、日本人は片道より短い滞在時間なのに、往復6時間かけてまでもモンサンミシェルに良く来るねと不思議そうに言ってました。そうだよね、私も気合がないと行けないけど日本から12時間かけて来たら折角だから行きたいもんなんだよね。
やれやれ、この日も難なくmission completeできました042.gif
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-29 03:01 | la vie quotidienne

パリ観光。その1   

自分で言うのも何ですが、パリを豪遊しちゃいました。

叔母夫婦一行に便乗して、今まで1年半住んでいても一回も行ってなかった観光らしい観光をしてきました。
まずは、セーヌクルーズ。
始めの3日間はカーディガンを羽織ってもやや寒いかなって感じだったけど、後半は35度近くまで暑くなっちゃって、バテてしまいました。
パリはお店もレストランも大半は冷房が付いていないので喚起が悪い上に冷房無なので下手したら外気より暑い位の店内だったんです。
もう汗だくでご飯食べてました。
ちょうど天気が良くなってきたのが26日。
いつか行こう、いつでも行けると思って乗っていなかったセーヌクルーズです。
1時間半かけて、エッフェル塔を出発してルーブル、オルセー美術館、ナポレオンの眠るInvalidを通過して、シテ島の近くまで行きUターンです。
d0169247_104117.jpg

1つの船に100人位乗れるのかな?観光ハイシーズンとあって結構な人数が乗ってました。川岸で釣りする人も居たり、エッフェル塔を背景に結婚式の撮影してる人、日陰で涼んでる人、水着で日焼けしてる人いたりパリっぽい景色を堪能できるクルーズなのでお薦め。
そうそう、この前セーヌ川で3Mものナマズが釣れたみたいです。巨大な長さにびっくり。
d0169247_1103697.jpg


ランチはエッフェル塔二階にあるJules Verneでフレンチのお薦めコース。
二階といっても、120M以上あってパリを一望できる高さにあります。
1つ星レストランでココはパリの中でも最も予約が難しい所らしい、今回この人数で取れたのは本当にラッキー。エッフェル塔にも登りたかったけど、ココから見下ろす限り長蛇の列ができていて軽く2時間位待つ事になりそうだったので止めました。二階からでも充分な見ごたえだったし。
ランチのお薦めコースを内容聞かずに注文してしまってちょっと失敗。
メインは二品あってお肉料理が鳩でした・・・美味しいと言いたいけど鳩はやっぱり癖があるかな。
d0169247_0574156.jpg

お魚料理はヒラメ。その前の前菜がオマールエビでした。
その後に出て来た一口デザートがバニラのギモーブ(マシュマロ)、生チョコ、マカロンなどなど。
d0169247_0564862.jpg

そして、この後にデザートが2品。説明されたけど良く理解できなかったとろけるチョコとヘーゼルナッツアイスのキャラメリーゼしたナッツ添え、
d0169247_05624.jpg
それとホワイトチョコとフランボワーズのムース。
d0169247_174570.jpg

後にも先にも、こんな豪華なパリ観光は最初で最後なので備忘録にしっかり留めておかなきゃ。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-28 00:28 | la vie quotidienne

フライデー   

先週末から昨日までムッシュの叔母が名古屋から来ていました。
叔母の他、叔母夫婦が接待するお客様2名と、ハイブランドのバイヤーさんも一緒で合計5名と一週間同行してまして、ハードスケジュールにややヘトヘト。
ムッシュも叔母はさておき、叔母が接待するお客さんってのが今回は同行する事になった為、仕事の合間を縫ってスケジュール表を作成したり私達も大分前からレストランの予約だったり、舞台を予約したり、リムジンの手配だったりちょっと気を使って準備していました。

そんな私達にご褒美かしら045.gif
皆で日曜に買い物に行ってホテルに帰る途中、
私とムッシュとバイヤーさん三人は二台目のタクシーでホテルに向かってました、すると運転手さんが間違えてホテルを一つ手前のリッツホテルで止ってしまった。
「あっ、ココじゃないよ、1つ先のホテルだよ」・・・あれでも、何だかリッツホテル前にちょっとした人集りができてるではありませんか?!
もしかして有名人?!!?と、ちょっと気になって・・・どうせ宿泊中のホテルまで歩ける距離なのでリッツの前で降ろしてもらう事に!

集まってる人ごみの中で聞いてみると、どうやらマド〇ナが宿泊中との事!
きゃ~、ミーハー心に火が付いてそこから5分位待つと、なんと噂通りのお方が登場。
車に乗り込むまでの数メートルをフライデーしちゃいました。
ムッシュがその翌日にネットで昔交際してたダンサーとお忍びデートととの記事を発見。
ネットに出ていた彼は、この写真の彼でした。
ラッキー★そしてドライバーさん行き先間違えてくれてありがとう!
d0169247_0195824.jpg
d0169247_0204321.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-27 00:04 | la vie quotidienne

ツイテナイ日   

昨日、今日と何だかと~てもついてない事の連続。

まず、昨日は約束の時間を目指して30分前に家を出てバスに乗るも、

いつものバス停でいつものバスに乗る習慣に法り、

今日は目的地が違うので乗るバスが違うと言う事をすっかり忘れて4駅分くらい進んでしまった、

気付いて次のバス停で降りるかどうか迷った。

というのは、このバスはあと3駅くらい同じ方向に走るのでこのまま乗って行くべきか、

それとも今から乗り直すべきか。結局、ココで前者を選択しておくべきだったのに、

何故か血迷ってこの時は後者の降車を即決してしまった。

そして、降りるも目当てのバスは15分後にしか来ない。

この時点で約束の時間まであと5分、しかも相手の電話番号を知らない。

幸い相手は家で待機なのだが、電話番号をもってくるの忘れた。

そして、バスを待ち切れず歩くと目的の家の結構近くまで10分くらいで到着した、

だけど、よく地図を見るとまだ10分くらい歩いたらかかりそう。

なのでタクシーを拾う事にした、でもパリでは普通に道で待っててはなかなかタクシーは捕まらない、案の定捕まらずに5分歩を進める、そしてやっと捕まった時にはどうしようか迷ったけど一刻も早く着きたいので乗る事にした。

行き先を言うと、近いと運転手も分かっていたが乗せてくれた。

だが、これがまた間違った選択だった。
といのうは、パリは一方通行が多いのですぐ目の前のある家に辿りつくのに、ココから凄い周り道をして結局5分以上かかった。

おまけに、支払いの時、最低料金の6ユーロだったのに50ユーロ札しかなくて、

無茶苦茶文句を言われた。はあ、確かに私が悪い。そして、今日は何てつていないんだろう。
待っていた相手は、ちょっと年配なので多目に見てくれたけど20分遅刻です。

後半戦は夕方のカルトナージュのクラスに行くと、

またもやココでも折角今日の為に買っておいた金具を家を出る時にテーブルに置いたまま
忘れてしまった様だ。

どうにもこうにもこれがないと進まないので、クラスを抜けて家に戻って
採りに行く、幸い30分くらいで戻ってこれたけど、何て無駄足が多い日なんだ。
そうだ、それと作業机のささくれにサマーニットをひっかけてしまった021.gif
一ヶ月に一回くるか来ないかのbad dayだ。

そいえば、昨日は、やけにハイテンションの人が多かった気がするけど、皆既月食の所為なのかしら。

そして、今日は今日で無駄足あり。
ムッシュの事務所でPDF化してもらう書類があって、今から事務所に行くとPCメールした。
彼はPCメールで12時~13時まで食堂に行ってると返事したのだが、

私はそれが入る前に家を出た。むしろ、ムッシュのランチタイムの前に寄りたかったので。

12時チョイに着いたものの、既に彼の事務所は閉まっていた。
お腹は空いてるし、折角超特急で来たのに居ないって事に腹が立つ。
しかも、メールは見てないし電話しても携帯も電波繋がらないので、きっとランチに行ってしまったのだろうとイライラしながら会社の前で一時間も待つ。

っていうか、何で今日に限ってどうして私の携帯にメールくれなかったんだろう。いつもなら、携帯にもメール入れてくれるのにこの日に限ってはPCにしか伝達事項を入れてないムッシュ。
やっぱりまだ魔のサイクルの中に居る気がする。

今週末は仏検だ。そして、来週は名古屋の叔母が名古屋嬢を連れて5人で来ます。

学校が終わったものの来週末までバタバタしそう。

色んな意味でちょっとドキドキです。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-16 22:31 | la vie quotidienne

クレープ   

月曜は祝日でムッシュ休みでした。
パン屋もあいてない日曜や祝日の朝は粉物でパンケーキがクレープ作る時が多いです。

とても簡単に砂糖と卵混ぜて、小麦を入れて牛乳と溶かしバター入れて生地完了、冷蔵庫でちょっと寝かして焼きます。

今日はオレンジソースを作って、焼いた生地を全部これに絡めて完了。
オレンジソースはオレンジ絞り汁一個分、レモン汁半個分、バター大匙3、砂糖40g、コアントロー小さじ1/2、コーンスターチ小さじ1をとろみが出るまで火にかけておきます。
クレープ作る時は大抵このソースに絡めるのが多いかな。
美味しくて好きなんだけど、結構バターを使うのよね・・・
d0169247_702194.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-13 06:54 | la vie quotidienne

サーモン   

日曜、祭日、そして月曜も大半はお店が閉まってるので、いつもながら前もって計画してない私たちは日曜に何しようか~って考え始めて思いついた頃には日も暮れて一日を家でまったり過ごす事多し。私は来週の日曜はどっか出かけたいんですけどね。

土曜に買い忘れをしなければ日曜は買い物ができないってリズムになれるとそれはそれで良さもあり。今日は誰にも会わないぞ、一歩も外にでないと思うと家の事に目を向けて料理や片づけをするしかないなと諦めもつく。だって、外はどこも閉まってるんだもん。
土曜に野菜と肉を買い込んで、今日は久しぶりに料理らしい料理を作ってみるか!

d0169247_3153048.jpg

といっても、ひっぱてきたレシピは至って簡単。メインのサーモンは、ケッパーみじん切りとパルメザン、塩コショウ、オリーブオイルをかけてローストした上に松の実をのせてオーブンで焼くだけ。脂っぽいサーモンの切り身だけど、ケッパーの酸味と合っていてとっても美味しかったです。レモンをかけてもよかったかも。付けあわせは、ポテトの炒め物と、セロリの根っこと人参とマッシュルームをバターでソテーした所に生クリームとレモン汁をちょっとかけた野菜。セロリの香りがほのかに効いていて、歯ごたえあってグッド。新鮮な新たまねぎ、新じゃが、新にんにく達が野菜の甘さと香りを発揮してくれました。新鮮はそれだけで凄い!
ちょっとアップすぎたかな。
d0169247_3164770.jpg

そういえば、実験的に放置してるグレープフルーツがあります。一ヶ月半前にマルシェでかったんだけど、未だにやや萎びてきてるけど腐りもしません。
マルシェに行くとついつい色どりの華やかさとパック詰めしてない新鮮さに惹かれて買ってしまうのですが、ビオと認定されてる物でない限りは良く調べないと農薬が沢山かかった果物だって勿論売ってます。ちょっと油断してたけど、その辺も注意して買わないといけませんな。それと輸入されてる物は凄い量の農薬が掛かってるから注意ですので国内産をできるだけ買ってます。
パリで外食すると、夜は一人4000円くらいのコースが多いので、ワイン頼むとあっというまに二人で1万って感じの相場。昨今の減給で財政難に陥ってる我が家ではウチご飯が家計にも体にも優し~い★その内ベランダ野菜達も登場できるかな。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-12 03:11 | 料理

終了証書授与式   

d0169247_5182121.jpg

青い正方形が沢山浮いてる・・・?

これ、今日の帽子です。
土曜は、終了証書授与式でした。
8時45分から始まる式だったので、早起きしてむかったのですが、
結局始まったのは9時半過ぎだったかな。

それから、お偉そうな方の挨拶が延々と続き。。。授与されました。

格式ある大学の語学クラスだっただけになかなか仰々しい感じのセレモニーだったのですが
こうして終わってみると節目にもなるイベントになって良かったなと。
普通はこういうのしない学校が大半ですけどね。

これだけウチで着てみた時には笑っちゃったけど、
これがこの学校の講堂でこの衣装を着るとハマりますな~。
講堂には、リシュリュー、デカルト、パスカルなどの石造がありました。

午後は、上司の後任の方&奥様が日本からお見えだったのでランチで合流。
上司ご家族ともあと数カ月でお別れです、あっという間だったなと時間の流れを実感。
次の奥様は看護師だったそうで頼もしい感じです、明るい方で猫一匹を連れてくるとの事、猫とのご対面も楽しみだな★

d0169247_5171786.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-11 05:00 | la vie quotidienne

ご褒美   

昨日は、ドキドキの試験の結果発表日でした。
結果は、まさかの合格!!
嬉しい、嬉しすぎる007.gif
もう諦めていたのですが、きっと先生がおまけしてくれたのか、採点ミスしてくれちゃったのか、
まさかの合格でした。
日本の震災と原発で3月は特に仏語なんかやってる場合じゃないとネットから離れられず勉強にも全然身が入らなかったのですが、最後まで続けた甲斐がありました
姑にはしたくない厳しい先生だったけど、合格させてくれて心底感謝です。
ひとまず、ほんと良かった~。

その後、カルトナージュのクラスがあったので遅めの帰宅をすると
ムッシュがエプロン姿で迎えてくれました。
豪華な夕飯をまさかの手作り!?
と思いきや、美味しいお惣菜を買い揃えてくれていた様です(笑)
色とりどりの綺麗なバラも嬉しいですね~056.gif

今日は、ちょっと出掛けた次いでにちょっと値段があがるのでいつもは買わないんだけど
ご褒美にpatisserie des revesでパリブレストとsaint-honoreを買いました。

クラシックなパリの定番ケーキをモダンにアレンジしたパティシエだそうです。
ムッシュの帰りを待ってると食べるのが23時頃になっちゃうんだけど、
まあ今日は一応待って深夜に食べちゃっいました。
と言う事で直ぐ寝たらますます危険かなと思いブログでも書いて時間を潰すのであります。

そうそう、今週健康診断に行って久しぶりに体重を測ったら3キロも増えてた!?
さすがに、やばいかもと思い始めてます。赴任生活も半分が過ぎましたが、
今からでも体重計を買うべきだね・・・日本に帰るまでに元に戻れるかしら・・・

今週末はディプロムをもらうセレモニーに参加してきます。
d0169247_6115290.jpg
d0169247_612253.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-06-10 06:14 | la vie quotidienne