<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

農業祭   

先週行かなかった農業祭に行ってきました。
今週末で終わっちゃうから、やっぱり一回は行っておこうと思って。

会場は巨大、それなりに予想していた人ごみでした。
パビオンは7箇所ありどこも人がいっぱいだけどまあ何とか動けます。

どんな感じなんだろうと余り事前情報もなく行ったのですがどこも見ごたえありでした。
その中でも一番の見ごたえは、酪農&畜産のパビオン。
d0169247_5155782.jpg

フランス全土の牛さん達が豪華に勢ぞろい!!広すぎて全部見切れなかったんだけど25種類以上はいるみたい。三分の一くらいしか見なかったけど、結構満足しました。
d0169247_5174160.jpg

それも一種につき一頭ずつじゃなくて、5頭くらい揃っていて圧倒されます。
d0169247_5163049.jpg

展示?の仕方も大胆というかダイナミックでした。繋がれているけど柵も特になく、通路を通る私達が簡単に触れるし直ぐ側まで接近可能な状態になっているんです。
d0169247_5183687.jpg

かなり見ごたえありました。けど、動物にとったらこんなにあちこち触られまくり、写真撮られまくってストレスは凄い貯まってるんだろうなとちょっと可哀相になってきます。

牛は、一頭が900~1400kg近いものばかりで巨大でした、日本の牛を牧場で見た事あるけど大きさは遥かにこっちの方が大きい気がします。
羊もフランス全土で30種位いるみたいで、ココでもかなりの種類をみました。
本当に牛、羊とひとくくりにしてしまっていたけどこんなにも多くの種類がいるって事に改めて驚きます。
d0169247_519836.jpg

その他、世界各国の名産物&フードブースやフランス各地の特産品ブースなどなどざっと見て回りました。
そして、禁酒期間な時に行ってしまったのでワインのコーナーには各地のワイナリーがブースを出していて誘惑に負けそうになります。。。。親子連れも多く、フランス人の食と自国の農業に対する関心が高いのもうかがえました。来年はお腹を空かせて行くべきかな。
d0169247_5213049.jpg

d0169247_5241435.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-27 05:24 | la vie quotidienne

検査   

今週は遂に細胞を採る検査をしてきました。
この私立総合病院、家からバスを乗り継いで一時間かかりちょっと遠いんですが、
優秀なお医者さんが揃ってる病院なんだそうですし、保険が効く指定の病院がココだけなんです。

私の場合、フランスの社会保険には入ってないので海外保険対応の病院が決まってるんです。ちなみに一般にフランスの社会保険に入っているとパブリックの病院での医療費、薬代、全部タダです、そして私立病院は限られた所のみ医療保険が効くと聞きました。

外観は3階建てくらいで敷地でそう大きくないかな。最初驚いたのが、エントランス入ってすぐ突き当りがカフェ、しかも白いシャツに黒いベストをかっちり着込んだギャルソンまでいます。内装の壁と言っていい、テーブルや椅子もちょっと優雅が感じのするカフェで病院らしからぬ感じ。
普通の病院みたいな院内アナウンスとか看護婦さんが忙しそうにあちこちにいる様子も未だみかけないかも。総合受付みないなのみなくて、エントランスはいるとレセプションというカウンターがあるのみ。何か、どこか病院っぽくない雰囲気にいつも違いを探しちゃいます。
普通病院ってあちこちに病気の事とかポスターとかで予防が書いてあったりってのも見かけないな、
あと、白衣はみんな来てるけど足元はブーツだったりショートブーツやヒール、白衣も完全にボタン閉めてる訳じゃなくてみんな襟元のアクセも目立っていたりしてどっかでお洒落してる感じ。

今回も驚いたのが検査が終わってから、待っていると。
名前を呼ばれて渡されたのが、封筒。何と、その中に採取した細胞が入っていて(勿論しっかり梱包してありますが)、それをラボに検査代金の小切手を同封して自分で送る様にとの事。
へ~、またしても自己管理なんだね005.gif
でも、こっちの郵便事情余りよくないって聞くからちゃんとラボまで着くか心配だし、普通にポストに入れて大丈夫?とかちょっとドキドキしました。

この日はムッシュも長年連れ添った親知らずを抜く日でした。
選んだ歯医者さんは日本語ぺらぺらのハーフのお医者さん。すっごく丁寧なんだそうです。
それで、抜歯もあっという間に上手に抜いてくれたそうで、「もう、抜いたんですか?」
と思わず言ったそうな。その先生の返事が・・・「もう抜けましたよ、横綱でしたよ~。」
家に帰ってこれを聞いて心配も吹っ飛び笑えました、この表現がツボに入ってしまった。

で、勿論ムッシュはちゃんと袋に入れてもらい持って帰ってきた横綱を見せてくれました。
表面は黒く虫歯になっていたのですが、結構大きくて根っこもしっかりしていて横綱、納得です。
良く見るとムッシュの歯は結構一本一本が大きいんだよね。
力士揃いのムッシュの歯が羨ましいな。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-26 05:49 | la vie quotidienne

のんびり日曜   

パリに来て一年という短期間なのに虫歯や喉の事、何だか芳しくない事の連続が続いてしまい、こりゃナポレンオンだか、ルイ〇世にでも呪われてるんじゃないか、はたまた真剣に昨日の晩はムッシュの家の先祖と相性が悪いんじゃないかと本気で二人暗いムードに落ちいってしまった。
でも、その後に温熱療法を週末という時間のメリットを利用してじっくりしてもらったお陰で今朝はすっきり肩も軽くなり、不思議と喉の痛みも軽くなってる!
きっと気持ちの問題なのかもしれないけど、飲み込む度にずっしり痛かったのがかなり消えて凄く楽、まさか医学的には治るはずないので過信は禁物だけど不思議な現象。
今はただただ楽な体調がとても嬉しい。

気を持ち直して今日は前回失敗したシュークリームを作ってみました。
前回はオーブンの下火を入れてなかったのが萎んでしまった原因みたい。
というか、さっきまで日曜は農業祭という屋内でのイベントに行く予定でいました。
フランス中の農家が各地の牛や羊、ヤギなどなども大集合して各地のチーズやブータンなどなど食べたり飲んだりできる有名なイベントなんだそうです。でも、行く直前に調べたら一日約10万人もの人が来場すると知り、ちょっと想像以上の大盛況ぶりに足が止まってしまいました。と言う事で農業祭は来週行けたら行くとして、今日は外も寒いし曇りなので家でまったり日曜に変わっちゃいました。
まず、小さな鉢入りで買ったミニバラをちょっと大きめの鉢に移してあげました、ちょっと生き生きしたかな?
そして、シュークリームの出来栄えは・・・上出来!今の所、萎む様子はない。
d0169247_0545793.jpg

中はアールグレー風味のカスタードクリーム。
アールグレイの香りで甘さが控えめに感じられ(実際の甘さは変わってないのに。)あっという間に一人8個ずつ食べてしまいました。パリのシュークリームはパリっとした生地が多いのですが、好みはやっぱりしっとりした今回の日本風のシュー生地ですな。
d0169247_021392.jpg


先週末に通りすがったお洒落な花屋さんで買ったミニバラ。4輪しかないミニバラですが満開です。
日本は今頃梅が見ごろかしら~?ホント、ゆっくりした週末でした。
d0169247_0552049.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-20 00:15 | la vie quotidienne

最近の記事   

チュニジアの政権崩壊までにいたるジャスミン革命に続きエジプトの大統領退陣までのニュースが今年に入ってからずっと流れてました。やっぱりエジプト人もチュニジからの移民も多いフランスではこのニュースはテレビで毎日延々と流れてましたね。
今月初めパリでのエジプト大統領退陣を求めるデモの様子。
d0169247_0245080.jpg


そんな世界を揺るがすニュースの中で、私達に身近で驚いたのがドゴール空港内で3000件以上の荷物の何かがなくなっていたと言うニュース。私もカルトナージュの教室でこの前、スーツケースに小さい穴があいていて宝石がなくなったと言っていた人の話を聞いたばかりでした。
そして、今回20人の空港職員が疑いをかけられているとの事。飛行機から荷物降ろしてる係員みたいです。
先進国と言えど、まだまだこういう事あるんだね物騒です。

そう言えば去年もエアフラのビジネスクラスのスチュワーデスが乗客の内ポケットからお札やカードを擦っていた事件がありましたよね。ビジネスクラス以上は要注意でしたね、今後はこんな物騒な事がなくなると願いたいです。旅行中に物盗まれたりしたら撃沈しますからね。。。

話は変わって、ジュエリーケース作り中。
これ、12時間以上費やしてるのにまだ終わりません。。。中の仕切りをつくらなければもっと早く終わったんだけどな。上段はアクセ入れ、下段は・・・へそくり入れの予定です。
ちなみに、この外側のオレンジの皮は何とエル〇スの皮を使ってます。
卸している方から買わせてもらいました、値段も布を買うのとそんなに変わらない値段。
本当にエル〇スで必要な小さい小さい箇所だけ切り取った跡があったのみであとは使わないそうですよね。もったいな~い使い方。だからあんなに高いんですけど、私にはその価値がわかりましぇ~ん。ちょっとエキセンだなあとムッシュにはコメントされました。いつになったら完成するかな。。
d0169247_22185839.jpg

d0169247_22192735.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-19 00:16

加湿器   

この冬、初めてのパリで思っていた以上に乾燥が凄い事を知りました。
で、念ため~と思って持ってきた加湿器が大、大、大活躍!です。

その他、念の為と思って持ってきた風呂の蓋、追炊き器というのもあるのですが、これらは湯船に浸かる機会が余りに少なくて前者は3回登場、後者はまだ登場しておりません。
というのも、後者に関しては変圧器をつけないと使えなく、水と電気の相性を考えてちょっと怖くて使ってないんです。その前に、湯船に浸かってる回数が少ないのが理由なのですがね。
それに湯船に一人分のお湯を入れたら、もう二人目のお湯は熱湯タンクに残ってないのです。
熱湯タンクが各家にあり、毎日その一定の量を使ってしまうともう水しか出ない仕組みなんです。

で、話は戻ってこの加湿器、たまにアロマを入れたり、はたまた効果はさておきスチームを思いっきり顔にあてて美顔器の如くフル活用。
そして、もうひとつの使い方があるのです。
これも日本の電圧用なので大きな変圧器をつけてます。で、この変圧器が二時間も点けっ放しにしてると結構熱くなるのです。熱くなってはちょっとの間止めて冷ましたりしてましたが、今はこの熱さを利用して足元にあててます。つまり、冷たい足先を温める「電気あんか」として活用!
結構、快適だったのですが。

ふと、頭の近くにこの変圧器が置いてあり作動していた時、「電磁波強いから気をつけて」と言われて、あっそうか、これも電磁波出てるんだ!と気付いたのです。
もしかして、足元だけだけど「電気あんか」も体に有害だったかな??
折角、これでコタツ無しでも冬を乗り切れるいいアイデアだと思っていたのに中断です。
それにしても、電磁波ってどこまで有害なんだろう、オール電化の家がこれからは多いし、電磁波計るメーターとかあるといいのにな~。
といっても、世の中、電磁波だらけですよね。。。
というか、変圧器をあんか代わりに使っていたなんていけませんよね023.gif
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-18 03:16 | la vie quotidienne

心配事   

この頃、ちょっと心配してる事があって何だかブログも放置気味。
3、4週間前に風邪をひいた頃から右喉が痛い・・・
あくび、寝起きする時に首の筋肉に力が入る時、それから飲み込む時、などなど。
病院で検査してもらうと、思っていた通りひっかかってしまった。
また来週に再検査があって、その結果次第では急遽日本に帰らなくちゃいけない可能性が大なのです。

パリに戻ってきてやっと3ヶ月が経ったばかりなのに・・・また帰国ってどんだけ私ついてないのかしらと落ち込みます。
しかも、昨日は飛行機の空席状況まで一応確認してみたら、3、4月は卒業旅行の時期だから結構埋まりが早い状況みたいだし。
う~ん、まだ結果が出てないから何とも言えないけど悩ましい状況です。
しかも2、三月は知人が二組来てパリで会う予定だからキャンセルしたくないし・・・
しかも3、上司の奥さんが先週に急遽体調不良でなんと精密検査に帰国してしまったのです。
しかも4、4月にも友達と叔母が遊びに来る。
帰国したら戻りは5月頃になってしまうだろうしな・・・とプチパニック気味。

何で、こんな海外に居る時にこんな目に遭うの~と嘆きたくなるわ。

そして、上司奥さんの事も心配。
先週の火曜に片頭痛で病院に行ったら思わぬ結果がでて、緊急で土曜の飛行機で日本に帰った状況。
その週は、ムッシュも上司も別々な場所に出張でした。
木曜の朝6時前に上司奥さんから電話があり、子供を預かってくれないかとの事。ただならぬ時間と声色に私もあたふたしながら、上司宅へお子さんを引き取りに行く。奥さんはそのまま病院へ向かう。その直後、ムッシュから携帯メールがあり、どうやら本部からの指令が朝6時にあり「できるだけ早くパリへ戻ってくれとの事」そして、ウィーンのホテルから速効でタクシーを拾い空港で交渉して朝一番の便に乗せてもらい昼にパリに戻ってきました。同様に、オランダにいた上司もパリに戻りました。
引き上げたのは、上司から奥さんの容態が本部に連絡され、本部の判断で二人共パリに戻る事になったのです。それにしても、素早い指令でした。
奥さんはその日は薬の副作用もあったみたい症状が出たみたいでしたが落ち着きを戻しました、でもやっぱり急を要する事態なので日本に戻る事になりました。体調が悪くなってから二日後の便が取れて日本に無事帰れてひとまず良かった。

残された上司と小三の坊ちゃんは、現在都内でホテル住まいのお母さんと毎日スカイプで話してるみたい、もう坊ちゃんは、パソコンの画面に顔がくっつきそうな位に画面に映るママに接近して話してる様子をムッシュから聞いて胸が痛くなりました。。。。
上司は朝四時起きで坊ちゃんの弁当と朝ごはんを作り、今は3時に退社して坊ちゃんのお迎えに行きその後は在宅勤務です。二人だけの事務所ですし、出張も行けない状態です。

こっちの病院事情、色々書きたい事があるけどまず初めに驚くのは検査した書類、レントゲンやエコーの画像は全て自己管理なのです。
つまり、自分で持ち帰ってそれをまた診察の時に持参するの。忘れたら大変、逆に知り合いに医者がいたりしたらセカンドオピニオンももらい易いよね。

私が通院してるアメリカンホスピタルは病院っていうより、何だかホテルみたいな空間です。

ムッシュは帰国していいよと言うけれど、やっぱり一ヶ月以上家を空けるとなると彼も炊事に困るはず。それに前回の様に長々と二ヶ月も居られた困るはずだしね。
治療が優先なのですが、実際家を空けて今の生活をストップしてしまうのは厳しいな、それに出来る事なら航空券代節約したいよ~。日本にいたらいつもの生活しながら通院ができるのにな、何で日本に居る時は健康なのに離れてる時に限ってなんだろう。。。。

そして、昨日は何か出来る事はないかとムッシュが思いついたのが温熱療法という彼の母が施術してる自然治癒の療法の真似事をしてくれました。
お香をモクモク焚くので火災報知機が作動しない様に窓を開けていたのでやや寒かった。
これ、自分の体の悪い部分が反応するんです。
面白い事に、私は煙を顔に浴びても何ともないのに、ムッシュは鼻と目が弱いので思いっきり涙流しながら、鼻水も止まらない状態でした。感謝です!
自然治癒力を高めるものなので完治するか効くとは一概に言えないけど、ムッシュの弱い部分に反応してるのを見ると何かしら効いてる気がします!!
私も今日は肩こりが楽になった気がするし、相当目に浸みるみたいだけどまた施術して欲しいわ。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-17 22:41 | 日本人で良かった

習い事   

今まで、習い事をいくつしてきたのだろう・・・・?
あれこれ習い事を始めては、慣れてきた頃になると止めてしまい、結局今でも続けてる趣味って何もないや002.gif
水泳は10年位習ってそれが最長だったかなあ、剣道やダンスも同じ位タラタラ続けてたなあ。
その他、新体操やらフラメンコ、習字、そろばん、ピアノ、f陶芸、フラワーアレンジメントも一時はまったなあ、などなど。
陶芸も好きだったけど、週末に通うのが忙しくて行けなくなってから行ってない。
そういうパターンでいつも遠ざかってしまうんだよな。

習い事はほどほどにね034.gifとムッシュに軽く釘をさされているのですが、また増やしてしまった。
でも、社会に出てない今はホント社会感覚も生活も鈍くなってるのが怖い位なので、せめてもの社会にでる手段として習わせてもらうことに。

カルトナージュってフランスが発祥なんだけど、若い世代や一般的にも余り知られてないみたい。
むしろ、日本の方が近年ブームだから知ってる人多い気がする。
要は厚紙に紙や布をくっつけて作品を完成させていきます。
少し慣れてきたので、母の誕生日にコレ。
d0169247_354462.jpg

簡単そうに見えるけど、ミリ単位で裁断していく作業や内側や側面、底に何枚も重ねて貼ってあるので意外と時間かかるんです。ちなみに、このトレーは半日かかりました。
ぶどう園のチラシ入れに使用して下さいと、使い道指定で送ります。(細かいミスはご愛嬌)


これは布で作った小箱。これは何時間かかっただろう・・・?約一日かかってます。
といっても集中力もたないから数日かけてつくったよ。
d0169247_3532856.jpg


っていうか、最近フランス語が全然伸びないから現実逃避です。
やっぱり語学はその言語が母国語の彼氏を持つのが最短近道だと思うんだよね~。

この習い事も細かい作業で結構忍耐が要るんです。いつまで続くかなあ・・・今度は続けなきゃ!
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-10 16:03 | la vie quotidienne

違うコト   

どうしてだろう?

1.日本だと白いシャツ、薄い色のシャツの襟にはどうしても脂シミが付いてしまいますよね?
冬でも特に旦那様(男性)の襟元はやっぱりうっすら汚れませんか?
なのに、パリで生活してるとそれが全然つかないのです!!
さすがに、白のシャツだと薄ら汚れてるかもって位は付くのですが、淡い色のシャツでも汚れがついてません。
もしかして汚れない人もいるかもしれないので、
ウチの場合、日本ではムッシュは一枚一枚、毎回洗濯の度に襟元を洗ってました。
ですが、こっちにきてその必要がない。
だけど、同じ様に生活してるのに汚れ(老廃物等々)が体外に出ないという事は、どうしてだろう?
汗をかかないから?乾燥してるから?イメージだけど、老廃物が体内にたまってるのかしらと思うとちょっと怖い様な気がする。

2.ワインを飲む量はやっぱり増えました。気になるのは歯につくタンニン。
こっちの日本語フリーペーパーに書いてあったのですが、日本人(アジア人だったかな?)はフランス人よりタンニンが歯に付き易いのだとか。うっそ~、やっぱり?!
ワインの後はうがいした方がいいみたいだけど、そんな規則正しく飲めるかなあ。

3.これもフリーペパーで読んだ事。
日本人は耳たぶが大きい=お金持ちになる。
とかって言いますよね。でも、こっちはそんな事なくって耳たぶが大きい=子供の頃に成績が悪かったり、悪さをして先生に耳たぶをひっぱられたから大きくなった。
と言うみたいです。

4. フランスでは歯並びは美的要素の一部ですから小さい頃から矯正させたりするのですが、
フランス人女優さんや、ニュースキャスターなんかでも前歯が隙っ歯の人が結構居るんですよね。
どうやら前歯の隙間から幸福が入ってくるという迷信があるらしく、前歯の隙間は矯正しない人が多いとか。でも、でも、個人的には美人のアナウンサーが笑った途端に前歯隙っ歯だったりすると印象が変わっちゃう。確かに、かの有名なヴァネッサは幸福な人生を手に入れてる気がするけど、それって前歯の所為かのかしら。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-08 03:37

いってらっしゃ~い   

と、送りだした我が家に残されたのは私だけじゃないみたい。

折角、この出張向けに買ったのにどうやらスーツケースに入らなかったらしい・・・残念。
前回紹介した丸められるペラペラのキーボードさん、仏語使用のキー配置だったから急激に優先順位大分下がったのかしら!?

シワ取りは無理だよね、そんな隙間全然なかったもんね。

d0169247_17541276.jpg


ふと気付けば今日は第一日曜日だ!美術館入場無料の日、どっか行こうかな~それとも家でまったりしてようかな~063.gif
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-06 18:02 | la vie quotidienne

最近の諸々   

諸々1.
腰痛騒動からベッドを買ってもらえる事になり、木曜にちゃんと注文した品物が届きました。
しかも、10時~13時という指定時間内にちゃんと届いた。
今までは二つのベッドに20cm位差があったのに、今回のベッド入れ替えで段差が約5cmと縮まりました!(そもそも最初から同じベッドを購入してない為に、まだちょっと段差がある・・・)
ほぼ高さが揃ったので今までの様にベッドの間の隙間に落ちてハマる心配もなくなった。

それに、ほぼ高さが等しいのでまるでダブルベッドみたいで広さを感じま~す。(でも、実質はシングル×2)
寝心地は、そりゃ今までのスノコ板の上に布団を乗せた様な私の寝床に比べらたら断然快適!!
ふかふか感も反発も調度いい押し返しでいい感じ。
なんだけど気の所為だと思いたいのだけど・・・・初日は肩甲骨の間がやや痛かった・・・・
も、も、もしかして腰痛や肩甲骨の痛みの原因って、べ、べ、ベッドじゃなくて枕だったのかしら~?!?!005.gif
で、で、でも、やっぱり今までの取りあえず的な安いベッドじゃなくなったお陰で睡眠は深く朝もなかなか目覚められないし・・・そりゃ勿論、ベッド変えて腰痛改善された気がする、買って大正解だったよ、ムッシュ!枕は、自分で揃えるから、安心して(笑)

諸々2.

今週末からムッシュが7日間の出張です、最初はくっついて行っちゃおうかなと思ったけどホテル一緒にはなれない、連日深夜まで予定がびっしりという事で今回は却下。
こんな時、友達が近くにいたら家で飲もうよ~、泊ってきなよ~ってパジャマ飲み会開催にウキウキしちゃうんだけどお誘いする相手が遠い日本にしかいない今は一人ポツリとお留守番なり。
もう、毎回の事ながら荷造りに奮闘中。
8時頃から始まった荷造り、9時半には終了予定だったのにひと段落したのが23時。(その間にシャツにアイロンがけもしましたが)
よって壮行会の夕飯は23時すぎより開始。
でもって、実はまだこの時点では荷物が入りきってない状態で本人煮詰まり気味(今回は荷物多いみたい)。こちら、すき焼きもかなり煮詰りすぎて美味しそうじゃない。
う~ん、う~ん、何しようかな今週。
それより、今晩中に荷造り終わるのかしら??
d0169247_865064.jpg


諸々3.

今月は家の両親、ムッシュの母&弟の誕生日続きの月である。
まあ、無理して送らなきゃいけない事もないのだが、義理の母は去年も送ったので送らない訳にはいかないかなあ・・・そして、一番悩むお相手。
ムッシュからアドバイスをもらい、毎年の事だしもう物は何でも揃ってるし好みもあるから(そうだよね。)食べ物のしちゃいましょ!と産地直送のネットショッピングにする事に決定。これなら、海外からでも日本のお家に配送してもらえるし便利!
弟君は、今年は転職が決まった事もありお祝いを兼ねて今年だけ送るという事になりました。
私の実家は、二人共に誕生日の月なのでまとめて二人分を一括で済ましちゃえ。
と言う事で、最終的にみ~んなに楽天から「カット生ずわい蟹」セットを送る事に決定!!
一先ず、内容が決まっただけで一仕事終了感。

早速、誕生日が早い順で一番乗りでカニが届いた弟君からメッセージがあり結構喜んでくれたみたいで良かった。
彼等は転職により4月から名古屋から大阪の心斎橋に移るそうな、旨いもん処だね、新境地でがんばっておくれ~★
それにしても、ネットで色々なカニ直送商品を選らんでいた私の頭の中はもうカニしゃぶ、カニのバター焼き、天ぷら、カニ雑炊etcカニ料理でヨダレが出そう。でも、あと半年はカニお預けですな。。。もうちょっと寒い冬を乗り切る為にも食卓にカニさんいかがですか~?
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-02-05 23:59 | la vie quotidienne