<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

@internetcafe   

胡桃を沢山もらったので全部剥きました。
日本で製菓コーナーで買ったりするけどちょっとの量で数百円してたけど、さすがにこっちでは安い。そのままの剥きたてが香ばしくて美味しい!その他、他に食べ方ないかなあと考えたのですが、
1.焼き菓子に入れるようにローストして保存
2.蜂蜜漬けにして常備食
3.チーズをオーブンで焼く上に乗っけて食べる。
残念ながら、ネットがない所為でアイデアに乏しくそのまま食べる以外は3通りの食べ方のみ。
胡桃を剥いて1日過ごす時間なんて雪が深々と降る中での山小屋気分、実際に雪も降ったのですがね。もういい加減ネット復旧して欲しいと願いながらブログに更新する為書い貯めしてます。
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-30 23:28 | la vie quotidienne

no internet   

パリに戻ってきて4日目朝、電話回線がダウンしてネット、電話、テレビが観れなくなり5日も経つ。
毎日3度前後、夕方はマイナスになる寒さで用事もないのに気晴らしにウィンドーショッピングなんて気にもならない。
朝8時半位にやっと薄明るくなり、夕方は4時に暗くなるパリの冬はただでさえ1日が長く感じて仕方ないのにネットもテレビもないなんて最低だ。夕飯だけでもムッシュと取らないと1日三食1人で食べてる訳だから・・・待とうと思うのだが、何せ暗くなりだしてから帰ってくるまでに5,6時間も時間があるもんでテレビもなければネットもできなく、時間が過ぎるのがとってもゆっくりに感じ、外も真っ暗だし寒いしで家に閉じこもっている私には待ちきれないのです!!もっと早く帰ってこいよ~!!

クリスマス、年末前のこの時期、どこも語学学校は冬休み前の軽いテストなどで学校を締めくくる時期なので、時間があるのに時期的にタイミングが悪く今どこかの学校に申し込む・・・って事もできない状態でなんとなく1日家で過ごしてる。

週末を挟んで日曜はどうせ出かけてもお店閉まってるので1日中家に居ちゃったりすると、土曜に用事は済ませたので家でまったりして、偶々殻ごとの胡桃が大量にあったので剥たり、カーペットのシミを取ってみたり、日本から持ってきた食材ストックの在庫数を地下倉庫に確認しに行ったりする。(醤油が3本、干しシイタケ2箱、梅酒残り1本etc…)何だか吹雪で閉ざされて山小屋生活を強いられてるかの様な気分である。
ある程度家の事を済ませると夕飯の準備も結構早い時間から始める。しかも、ネットにアクセスできないと肝心のレシピも入手できない!?!?レパートリー限られちゃうよ。。。
夕飯も終えると、お互い何する?って感じになる。さて、トランプ?花札?DVDでも観る?って事でDVD観賞。10時には就寝、こんな時間の使い方って昔のお正月みたいだなあ。
それにしても、なぜ!?どうして、こんなに修復に時間がかかるの~!!
そして、日本に居たら何となく、用事や買い物、友達に会ったり、まだこの時期でも外で車洗いったり、庭いじりしたり等など気晴らしがいくらでも見つかりそうな物なのにここでは買い物またはウィンドーショッピング意外にこれといった気晴らしがまだ見つからない。。。。普段は時間はもて余さない性分なのに、ここに来て何とも暇な時間にぶち当たるとは・・・
こりゃまずい、とにかくまずい。

外寒いし、寒さで肩も凝るし。。。
戻ってきてこれからはパリと仲良く付き合っていこうと思った矢先にこのアクシデント、やっぱり相性悪い!ムッシュによると、電話会社のトラブルで1カ月もこういう状態だった日本人のお宅があったという情報あり、そうなったら最悪。
先週からシャンゼリゼのクリスマスイルミネーションがライトアップされたみたいだけど、こんな状態じゃ、全然テンションあがりません!
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-29 23:15 | その他

ロールキャベツとふとした事   

戻ってきて二日目の夜に久しぶりに料理しました。
寒い夜は、何がいいかな~。
ふと、帰国中にブログを通じてお知り合いになったMさんがロールキャベツにこだわった話を思い出してロールキャベツに決定!
彼女は、キャベツは縮れキャベツが良いとこだわり、国内で生産してる農家を探し遠路はるばる遠い所から取り寄せたって言ってました。
ですので、勿論私も今回は縮れキャベツでロールキャベツに初挑戦!
まずは冷蔵庫の補充も兼ねてスーパーへ行く。
ふと気付くんだけど、鶏、豚ひき肉ってスーパーに置いてない、勿論バラ肉も薄切り肉もない。
その代わりフランス料理向きの横隔膜とか、尻尾の肉とか、スペアリブなど色んな部位は充実してる。牛または子牛の挽肉しかないなあ・・・探し足りないだけなのか?鶏、豚ひき肉って私の料理には出番多いのに・・・残念。今回は子牛の挽肉を使います。
それから、パックの牛乳やらジュースを買うんだけど、キャップを空けると普通日本ならプラスチックの栓がしてあるのに、こっちはキャップ開けると直に液体とご対面。これってさ、異物とか入れられちゃうじゃな~い、心配だわ。
そしてクラフトのクリームチーズを買いたかったんだけどクリームチーズが見当たらない。もしかしてそうなのかな~ってのがあったけど確信持てなかったので止めた。その代わりにfromage blanc(ヨーグルトとサワークリームの間みたいな)は種類もメーカーも豊富な品ぞろえなんだよね。
って事で、こっちではどうやらクリームチーズが主流じゃない事が分かり、fromage blancでチーズケーキを試行錯誤してみる事にした。
縮れキャベツも特大サイズで4.5ユーロでした。
d0169247_205104.jpg


できあがりはこ~んな感じ、トマトソースは苦手なのですが↓のレシピを使ったら大成功!

我が家のロールキャベツ☆トマトソース


今頃ドイツで仕事中のM様、
縮れキャベツにこだわる意味が分かりました!
縮れた面にソースが絡んで最高です。
d0169247_2055775.jpg


チーズケーキはやっぱりクリームチーズじゃなきゃ駄目だ。今回はさっぱりヨーグルトケーキみたいな味でした。これは夏向きかな、今日はこってりしたモロゾフのエダムチーズケーキみたいのが食べたかったんだよね~。
今日も平均気温3度、ムートンブーツが大活躍です。
明日は、マイナスに下がって雨のち雪らしい057.gif、トホホな寒さです。
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-25 20:10 | la vie quotidienne

クリーム   

クリームパンに続き、再びクリームネタ。
最高気温6度前後のパリ、家の中は勿論暖房が点いてます。
今日はふらっとmonoprix(スーパー)の衣服売り場で手袋とニット帽をご購入、外を歩いていて地肌が寒いんだもん。それとも、毛が薄くなったのかな。。。
ふと、13時頃にスーパーに行くと買い物客多し、しかも日本だったら昼間なんて子育て中のママや主婦の方が圧倒的に多いのに、どうみても客層は働き盛りの方々、何でだろ~?!とふと思う。

次いでに、暖房が入ってるのと外の乾燥も酷いので保湿オイルを探しました。
帰国中にsawaさんに借りた素敵な本に載っていた'nuxeのプロディジューオイル'を購入。
隣に並んでいたアロガンオイルも気になったんだけど、今回はこっち。でも、近い内にアロガンオイルにも手を伸ばしてしまいそう。
このオイル、本にも書いてあった通りあっという間に肌に吸収されて全然べとつかない!
ビタミンE配合で髪、顔、全身に使える便利なオイル。nuxeの商品は前から気になっていたのですが、アイテムが豊富なので何から試してみればいいのか分からなかったのですが、調度貸してもらった本にお薦めしてあったお陰で良いものに巡りあいました。
思っていたより日本人には香料がややきつ目かな。。。。オイルが浸透した後も何とも外国っぽい香りが残りま~す。
そして、よくよく考えると新しいものを買ってる場合じゃなく、使いかけのクリームが家に沢山ありました。。。。ついつい無くなる前に新しいのに手を出してしまうんだよね~。
おさらいしてみると、バスルームにla roche posyのbodyクリーム。キッチンにはbody shopのtea treeハンドクリーム、寝室にはcurelの敏感肌用薬用クリームとflorameのボディークリームミントの香り(初めて出会ったのは京都にあるお店)、weledaのローズオイル(マッサージ用にも使えます)、リビングにようじやの角質ケアクリーム(膝、踵のカサカサ用)、ハンドバックにはスティック状mustelaのリップと顔兼用クリーム(固形)←歩きながらでも塗れるから便利。
こんなに使いかけのクリームが勢ぞろいしました。
同時進行で使用中、さてどれが一番効果的かしら。
でも、どれも用途毎に良いんだよね。
それより、monoprixのコスメ売り場やドラックストアに行くとまだまだ使った事のないメーカーのクリームが並んでいて気になってるのがいくつかあるので毎日せっせとクリーム塗って次のクリームを早く試したいな~、益々この冬でクリーム、オイルが増えてしまいそう。
d0169247_2362977.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-24 23:19 | la vie quotidienne

クリームパンお届け!   

そうそう、ラストミッションとして(←頼まれた訳じゃないけどさ。)クリームパンを買いにいき、
クリームパンも無事にパリ到着!(若干は変形しておりましたが愛嬌です。)

着いた晩にクリームパンを無事にムッシュにお届けする事ができました。
感想は、上品な味だね、との事。特段期待以上の反応でもなかったけど、まあ喜んでくれてる事に変わりはないのでミッション成功とします。

でね、このパン屋さんだけどつくばから30分車で走った水海道にあります。
この帰国中に母の友達が、ココのあんぱんが美味しいからと20個程いただいたのです。
その中にクリームパンも入っていて私の中では絶品クリームパン(正確にはレーズンクリームパン)でした。
妹も一度買いに行ってくれ、私も帰国前日に行ったお店は10時頃に到着した時には既に5人待ちでした。昔ながらの商店街と言った所の一角にあり、決して知らなかったら通り過ぎていたであろう店構えなんです。店内も、素朴な感じのショーケースにあんぱん(こし、つぶ)、クリームパン、レーズンクリームパン、白あんぱん、ジャムパンと5~6種類しか置いてなかったのですが、待っている間にも次々と来るお客さんが後を絶ちません。全品100円!(計算し易い!)
みんな、買う単位が結構多い、10個、20個単位で買い占めて行くので自分の番が来るまで残ってるか冷や冷やしました。
パン屋さんは、荒井パン屋です。機会があれば、是非できたてのパンを食べてみてね~!
あんこ多目で生地がもっちり、紙で包装してくれるのも懐かしい感じで良かったなあ。
d0169247_16275327.jpg

[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-23 16:28 | パン屋さん

パリ到着   

日本のあったか~い冬にお別れを告げ、21日に飛行機の乗り込みました。
見送りに来てくれたのは、体調不良の両親の代わりに弟と妹&甥×2

甥っ子君は飛行機を見てはしゃいでくれてました。
12時に離陸し、12時間の飛行を経て、現地時間16時に無事到着!
機内では、席のヘッドフォンの差し込み口が壊れていたので3時間後位に席を変えてもらいました。
変更後の席のお隣さんは赤ちゃんとママ。フランス人らしいが日本語ぺらぺらでした。
で、その方も歯の治療が理由で国に帰るとか、あら奇遇。
とにかく、とにかく長い飛行時間でしたが映画観てやっとパリに到着。
そうそう、以前は機内食が2食でたのですが、今回は一食目はしっかり食事出ましたが、何と二食目はファーストフード!?ホットドックと果物とプリンのみ。え~、これが夕食時のメニューなんてお腹満足しないよね。
夏くらいから景気不振で食事コストがカットされたらしい・・・
機内に色々持ち込めないし12時間の身動きとれないフライトで食事はちょっとした楽しみだったので、この仕打はちょっと辛い。次回はスナック菓子とか持ち込もうかな。

パリの最高気温6度、天気曇り。
昨日までコートも要らないかもって位の温かい日本だったので、この気候の違いにはっきり言って滅入ります。
とにかく、雲が厚くって台風前の様などんよ~り天気です。
ムッシュ曰く、これでも明るい方だし、ずっとこんな天気ばかり続いてて太陽見てないわの事。
冬、越せるかしら・・・不安。
今回は車でお迎えに来てくれたムッシュ、もうすぐ赴任一年、あれだけ運転を嫌がっていた彼が車で空港まで来る気になったとは大進歩!!

いやはや、パリの冬は暗く日照時間が短いとは聞いてましたがこれからどんな天気が迎えてくれるか恐ろしい様な気もしますが、8時間時計の針を戻してパリ生活再開です059.gif
d0169247_1631161.jpg

次会う時は、甥っ子も大きくなってるんだろうな~。
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-22 16:45 | la vie quotidienne

ラスト ミッション   

明日が出発。
快適な実家生活、軟水生活とも暫くのお別れです007.gif実に悲しい。
2カ月近くものんびり日本でいれた事に心から満足しつつも、最後は父の転落事件があったり母の風邪もあり、明日は弟が空港まで送ってくれる事になりました。家族多くて良かったと感謝。
そして、この帰国で新しい出会い、新しいつくばのお店を開拓できた事にも帰ってきて良かったと心から思うのでした。つくば頑張れ~!

パリでの硬水生活が再スタート、気温も最高10度以下みたいだから心して出陣せねば047.gif

今日で買い出しも、人と会うのも、お風呂に浸かるのも、日本での食事も最後。
最後の夕飯はすき焼きと茶碗蒸し、弟の手作り餃子に決定。今日はすき焼きのたれに頼らず割り下からちゃんと作ります034.gif

ラスト ミッションは、
ムッシュへのお土産。半生な物でも今日買えば明日の深夜にパリに届けるまで何とか持ってくれるだろう。
と言う事で、半生?物のパンを買いに水海道まで行って来ます。
何でパン?!って感じですが、ムッシュは棺桶(縁起でもないのですが)に入れたい物の一つがクリームパンなのだそうです。
今回の帰国で出会った、水海道の老舗パン屋。ココのクリームパンを食べさせてあげたい。
というか、かなりクリームパンの研究を重ねたらしいから、ココのパンはどうだ!!って感じの挑戦状ですね。
私はあんパン派かな。敢えてクリームパンを買う事なかったんだけど、ココのクリームパンは美味しい。
そして、お店に並ぶパンが午前中で完売してしまう位の売れ行きだそうです。
甲斐甲斐しい様ですが、ラスト ミッションはクリームパンを買いに水海道までドライブしてきま~す。
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-20 09:03 | 日本

救急車   

救急車なんて、縁起でもないよね・・・・全く出発前に。

それは火曜の事でした。
結婚が決まった友人から彼を紹介したいとランチに誘われ、家から歩いて5分のカフェへ。
その時、あれ自転車がない??
自転車は?と母に聞くと、父が近くの畑に乗っていたとの事。
カフェに行く途中に横道にちょっと逸れれば畑があるので、自転車を取ってから向かうべきかなと感じた、歩いて行ってしまった。
何となく、虫の知らせなのかそれが気になりながらもランチに集中。
ランチ終了後、母からの着信に気づきかけ直す。
すると、慌てた声で「お父さんが梯子から落ちて大変なの。」と深刻な様子。
慌ててふっ飛んで帰ると、父は畑で作業中に背中から落ちてしまって激痛で動けなく横になっていました。
どう発見されたかと言うと、
お昼になっても戻って来ないのでおかしいなと弟が迎えに行ったら倒れていたとのこと。
生憎その日は、携帯を持っていなかったので倒れてから1時間半も発見されるまでそこから動けなかったみたい。
やっぱり、あの時、自転車を取りに寄れば早く発見してあげられたのに・・・・
慌てて叔母も駆けつけてちょっと様子を見て明日に病院に行こうかと話していたのですが、
やっぱり、背骨や神経への影響を考えて今日連れて行こうという話になったが、
どうにも私達素人では、微動の動きに激痛を訴える父を動かせやせず、断固拒否する父を無視して救急車を呼ぶ事にしました。

そしてレントゲン検査の結果・・・一先ず骨折は見つからないので自宅に戻れる事になりました。

いやはや、本当に週末には成田に送ってくれるはずだったのにとんだ事故に遭い、予定は完全に変更。
本当に不幸中の幸いというのか、脊髄に損傷が今の所なくてよかった。
でも、やっと歩ける、やっと寝返りが打てるという具合なので元の体に戻るのは大分かかるみたいですし、
レントゲンでは見えない損傷もあるかもしれないのでまだまだ油断できない状態。
とにかく、一週間経っても経過が良くなかったらまた検査だそうです。

事故って、その時だけ、その瞬間だけの気の緩みだったり、はたまた不可抗力だったりするんだよね。
いつもは通らない道を通ったとか、いつもは確認するのにその日だけ、はたまたいつもと同じ様にしてたのにという事が事故につながっちゃったりする訳ですよね・・・・ぶつけられたり、ぶつかったり。
パリはつくばより危険がいっぱいなので私自身も前方後方確認に確認を重ねて行動せねばなりませんよね。

とは言っても、カチコチに防御してしまうのも逆に落とし穴がありそうですし(笑)
最終的には、自分でリスク管理を心がける以外は日頃の行いを良くしてるしか対策ないですよね~。
神様、ご先祖様、よろしくどうぞ。
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-19 08:20 | 日本

未確認飛行物体   

昨日の夕方、未確認飛行物体を見ました。
一目散に周りに話たら、熱でもあるんじゃない?
早く風邪治した方がいいよ。(確かに。)
この歳で頭おかしいと思われるよ。
などなど、優しい言葉をかけていただきました。
唯一母が、「つくばは目撃する人よくいるよね、研究所が多いし。」との事。

いやいや、それがUFOって奴かは分からないけど確実に飛行機でも自衛隊のヘリでもない空飛ぶ円盤だったのです。今回は5年ぶり位に見たけど、人生で5回位見ました。
どんなもんかと言うと、円盤型で三つの光を放っていた飛行物は、目撃した瞬間ある一定の速度で直進していたのですが、直ぐに急降下(凄い勢いで)を始めて消えました。
個人的には他の惑星にこれだけの技術を持った生物が存在するとも科学が進歩してるとも思えないので宇宙人は居ないと思うけど、一体この飛行物は何だったのだろうと思い、ちょっとその分野に詳しそうな方にメールしてみたら詳しい説明が即座に戻ってきて私も大分納得。
長いので、お暇な方はこちら「UFOは存在しない説」をどうぞ↓
居ないとは思うけど、あれは一体何だったんだろう。
あ~、早く風邪治さないとインフルエンザを受けて帰れないよ~。。。。
**********************************
私が居ないと思う理由です。
飛行体というのは、案外あるものです。観測用バルーンとか。 高速で、不規則に移動するというのも夕暮れ時の不安定な光のせいで、現象としてそう映るのかもしれません。
自衛隊機もあるし。
本当に居るとしたら、レーダーにも映ると思うし、今のあらゆるセンサ技術・電波技術をもってすれば、全くどの網にも引っ掛からずに、地球に接近することは不可能だと思うね。
ステルス技術でもあるのかもしれないけど例えば、携帯の電波が乱れるとか、GPSが狂うとか…、物理的な質量を持っている限り、絶対に思いがけず何らかの物理現象を引き起こすはずです。
そう言うと、国家が隠しているとか、軍が隠したとか言うけども、それも信じないです。
そもそも、国家機密って、尖閣・警察の例を引くまでも無く第二次大戦中の、50年も60年も前から、こんなに長期にわたって、厳密に管理されるハズがないです。
しかも、世界中の国家・軍と接触していたら、絶対にどこかの国からリークするハズだし、はっきり言って、国民に隠す理由が不明です。
高度な文明を持つ地球外生命体であって、しかも地球のレーダー網をすり抜けるほどの科学力を持つ集団が、どうして国家や軍だけと接触するか。そんな行為に合理性がないです。
仮に、侵略意図を持った地球外生命体が居たとして、40年も50年も、地球を支配せずに放置している理由がこれまた分からないし、さっさと侵略して、次の星にでも移動した方が簡単です。
宇宙は、とてつもなく広いです。だから、地球以外のどこかに、必ず生命体は居るはず。
でも、地球まで移動できる技術を手に入れた生命体が居たとしたら…それがもし仮に自分だったら、絶対に侵略や観察の対象にせず、友達になりたいと思うはず。
宇宙で、地球人たち以外に話せる生き物が居ると言うことはとてつもなく素晴らしい事だと感じます。
思うのは、もし地球外に生命体が居て、地球と友好的に接触してくれたら、どんなに素敵だろうなと言うことです。
未知の知識をお互いに交換して、あらゆる科学技術の進歩があって、見たことも無い芸術があって…考えるだけで、夢みたいです。
そして、私自身がUFOが無いと思う最大の理由は、こんなに会いたいと思っている私のところに一度もやって来ていないということです!!
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-10 09:07 | 日本

パリからの連絡   

先週からドイツ、スイスを経て週末にパリに到着し、ムッシュ案内で観光していたムッシュの弟夫婦達ですが、

まず弟君は余り海外が好きではないらしいので、反応はイマイチながらもセーヌクルーズや、凱旋門、ルーブル、マレ地区でのお買い物などなど主要なスポットを行程に組み込んで二日間の町歩きを楽しんでくれてた様子。
奥さんは観光にも食事にも満足してくれたらしい、やっぱり美術館やお買いもの、パリは女性向きではあるよね。ちょっと海外苦手意識に更に拍車をかけてしまったかな・・・という感もややありますが、
弟君も最後の夜にパリで美味しいと評判の焼き肉屋さんに連れて行ったら予想通り大ヒット!!
大満足をして頂けたようで最後よければすべて良しと締めくくりたい所なのですが・・・・

最後に21時ぴったりになるとキラキラのイルミネーションが始まるエッフェル塔を見せようと家から歩いて3分位の見晴らしの良いビルの合間に3人で向かったそうな。

本当にそこって、大きな交差点から歩いてちょっとの所で交差点付近にレストランも数件あるし、昼間はパン屋、電気屋、化粧品などなどの店舗が並ぶ普通に人通りが多い通りで私達も花火をビルの合間から観にいったりしてたした様な普通の通り。
で、夜のエッフェルのショーを遠目だけど見せてあげて写真も撮って帰ろうと家まで歩いていた時、奥さんが後ろから「マドマゼル」を声をかけられたそうな、まあ怪しい人や酔っ払いや浮浪者はどこにでもいるので、特に反応せずに無視して歩いていたら・・・・いきなり彼女の悲鳴。
後ろからその男に右耳を蹴られた!!との事。え??え???どうして?

もうこの連絡を読んで、顔が真っ青になった、何が起きたの?!!!?
落ち着いてメールの文面に戻り続きを読んでると、どうやらサイコっぽい人だったのかもしれないとのこと。
追いかけようとしたら白い光るものを出したので、もしや刃物?
と思ったら、携帯で話し始めて仲間を呼びそうな感じだったとか。。
それは、まずいと3人でそこを立ち去ったとか。
旅の最後の最後にまさか・・・・と耳を疑ってしまうような出来事が起きてしまった。
私もムッシュも彼らに申し訳ない気持ちで一杯の様です。

何で!?どうして?!怪我は?!
そのあと、家が歩いて3分位なのですが、敢えてつけられない様に遠回りして家に一先ず戻ったとか。
怪我は無かったみたいだけど、サイコとは言え女性を背後から狙うなんて何という悪質な事件だ!
3人で歩いていて一番後ろに彼女がいたのかな・・・?その辺はよく分からないけど、大変な事になってしまった様だ。
しかも、後頭部付近を足で蹴るって・・・・当りどころが悪かったらどうなっていたか分からないし、
今後トラウマになってしまわないだろうか。
私達の住むエリアは治安も良い方だし、普通に21時なんて人通りもあるはずの所なのに。
もしかして、物盗りだったのかなと後で思ったけど、こんな手口の事件聞いた事ないし、本当にありえないよ。
彼らはそろそろ羽田に着いた頃かな・・・・なんてこった。
可哀想に・・・
あり得ない、ウチの近所で身内にそんな事件が起きちゃうなんて。。。。
パリの夜道はやっぱり危険だ。
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-11-08 15:05 | 日本