味覚   

日本に戻ってきてお仕事2週間目が終わりました。
パリでは三食昼寝付ののんびり生活していたもので、何かまだ規則正しい生活に慣れないのですが、
これがスタンダードといいますか、今までが自由すぎたのかな。
朝は8時半出勤です。これは時差もお陰で最初の10日は規則正しく3時起き、
翌週は3時起きしたけどipadで遊んでまた寝て5時起き。
そしてやっとここ数日は3時起きの癖が取れて朝まで寝れるようになりました。
という訳で、朝起きるのは時差を利用して?!ます。

日本の秋の味覚も美味しいもの沢山で楽しんでるのですが、
この前、お土産で買ってきたチョコを渡していたら自分も食べたくなって1つ自分用に開けてしまいました。
チョコはJean Paul Hevinのもの。
それも食べ終わって、コンビニで板チョコを買ってたべました。made in Japanのチョコです。
そしたら、美味しくなくてびっくり。そう言えば、日本のチョコは久しぶり、でも今まで普通に買っていた大手製菓メーカーのチョコ。

フランス被れと言われてしまいそうですが。。。。
お味がというか、脂っこい気がしました。
ちょっと気になって調べてみたら、日本のチョコは飽和脂肪酸使っていて、カカオバターは少ししか入ってないんですね!
それからフランスでもイギリスやデンマークの安い(=ココアバターを使ってない)チョコが出回っているらしく、フランスが抗議して欧州委員会での議題にもなったそうです。

勿論フランスでも安いチョコは味はイマイチというのがありますし、日本でもちゃんと素材にこだわってるお店のチョコは美味しいですしね。
なるほど、ショコラティエで買うチョコはココアバター使ってるから、チョコ1粒の値段は板チョコ一枚より高い訳です。
ふむふむ、自分の味覚を信じてみるのも悪くないな。
といいつつも、日本のお菓子は化学調味料沢山はいってて美味しいと感じちゃうんだよね~、
d0169247_914682.jpg

既に大好きなジャガビーを二箱も食べてしまったし。。。こうして味覚が影響されていくのかな、気をつけないと。

備忘録まで。
[PR]

by paris__tsukuba | 2012-11-11 09:22 | お菓子

引越し >>