トイレ水漏れ   

最後の最後まで水周りのお直しとなりました。

トイレ使ってない時でも、便器の中をちょろちょろ水が流れてるので大家さんを通して水道屋さんをお願いしていたのがやっと来てくれました。

原因はタンクの中の浮きに石灰が貯まって云々。
直し自体は15分くらいで終わりました。
家のトイレは便器だけが壁の外(つまり、普通に存在していて)
それ以外のタンク部分は壁の中に埋め込み式なんです。
流す時は埋め込み式のA4サイズくらいのボタン(?)を押して流します。何でこんなに大きいんだろ。
タンクが埋め込み式で、何か不具合があった時はこのA4サイズのカバーを取り外してそこから覗いてチェックします。
これがまたその真上に棚があるから覗き難いのなんのって・・・誰が設計したんだ。
見た目はデザイン的に余計なタンクが隠れてていいけど、直したりする時には不便。
こういうデザイン重視で使い勝手が悪い設備って。。。パリにとっても多い気がする。
とにかく、見た目が大事な国ですからね。

修理に来てくれたお兄さんは直りましたよって言って、原因とか説明して帰って行きました。
確かに、一緒に見た時は水は止まってました。

が、しかし・・・私もその後用事があって入念に確認せずに家を出て夕方戻ってきたら。
なんと、水がまた漏れてるじゃないか・・・
し、しかも、お兄さんはその時便器の蓋を開けて説明して帰り、私も蓋を閉めてなかったので気付かなかったけど、
蓋がガッツリ割れてる。。。。ど、ど。どうしよう。
っていうか、ど、ど、どういう事よ!!
勿論、現場は見てないから証拠はないけど、今朝は絶対に割れてなかった。
確実に彼が割ってしまったんだろうけど、よくもあんな爽やかに一言も言わずに帰った事!
メルシー。って、やっとこれで帰国前にやる事が1つ終わったと感謝を込めてお礼したのに、裏切られた気分。
どうなるか分からないけど、まあ大家に明日言おう。
写真撮ってトイレの仕組みを説明する気力も、割れた便器の蓋をお見せるする気力もありません。。。。
[PR]

by paris__tsukuba | 2012-10-17 05:48 | la vie quotidienne

<< クロワッサン 寒いぞ。 >>