リスボン回想記1   

リスボンに行く事ができたのは、
残念ながら・・・私の仏検1次試験が悲しくも落ちたから・・・007.gif

というか、出発の1週間前に気付いた(遅い!)事実、
それは、仏検二次試験日と旅行日が重なっていた事048.gif

さすがに、これには、ムッシュに「!!!ありえない!!」を言われた。
我ながら、本当にありないと深く反省しております。
まあ、受かる見込みは薄かったにしても試験の日とダブルブッキングしちゃうなんてありないよな~!!今年のありえな大賞だ、こりゃ。

そのミスに気づいてから、まぐれで受かったらどうしよう!?なんてドキドキしてたけど、まぐれは起こることなく出発の二日前まで結果が届き、不合格に一応がっくりし、ですのでムッシュに心配をかけたリスボン行きのキャンセルはしなくていい事になりました。

さて、リスボンですが。
パリに戻ってきて、道がコンクリートで平らで何て歩き易いんだと思ったくらい、石畳みの石が高さも微妙に違うし、石と石に間があるし、ツッルツルの表面で滑るし、かなり足の裏が鍛えられました。
こんなに歩き難い街で走ったり、ヒールで出勤する事って可能なのかしらと思ってしまう位、冗談抜きに凄く歩くの大変なんです。さすがに、観光してる人も運動靴とかゴム底の靴が多かった様に思う。
歩き難いかもと思って、平らな皮靴で行ったのですが、ゴム底じゃなかったので2日目には靴屋と探しとりました。
d0169247_2204846.jpg


天気は海沿いの街なので、空港から降りたら既に空気が違う、仄かに磯の香りがし、風も潮風、ヤシの木がサワサワ、空が青い。

初日は、ホテルで荷物を降ろしてリベルダーデ大通りを歩いてメモって来たレストランを探す。
この通りにちょっとした水場があったり、ヤシの木があったり、ガーデニング、そして至る所に屋外カフェがあってちょっとした公園みたいで解放感あり。
d0169247_2431511.jpg

二駅歩いた所にお目当てのレストラン発見、ピノキオです。
メニューをみると、シーフードメニューが当たり前ですが多い事に超感動。
しかも、パリの半額くらいと言っていいお手頃な値段。
ポルトガルで有名な発泡白ワインと前菜に大好物のアサリのワイン蒸し(こっちのは、ニンニクとコリアンダーがどこでも入ってます。)ちょっと味は濃いめだけど想像以上に激ウマ、これだけでご飯3杯いける。
d0169247_2394236.jpg

それから、魚介クリームスープと野菜スープ、どっちも大きいのに2~3ユーロ。
そしてメインは魚介のリゾットは具沢山でもういいかもって位に初日からエビ、ロブスター、アサリ、ホタテが山盛りに入ってました。こんな魚介一杯でいいのかしら・・って程に。
今思うと、もったいないって気がしちゃうけど、どうしても食べきれなかった・・・
d0169247_2332572.jpg

そう、これが食べたかったの~!!今回は、芸がないけど魚介を思いっきり食べるのが目的なのです。
[PR]

by paris__tsukuba | 2011-07-22 02:10 | バカンス

<< リスボン回想記2 鯛飯 >>