泣けてくる   

・・・・言葉が出ないよ。

話は車の事。
今日の私のミッションは前任の方に教えてもらった修理屋(ガソリンスタンドの修理屋さん)にバッテリーをチャージしてもらいに行く事。

まず、歩いてそこまで行き、修理のおじさん発見。でも、凄い人。一人しかいないみたいだし、車が次々に入ってくる。30分位待って、やっと自分の番がきて、快く引き受けてくれた。
まず家まで来てもらい、バッテリーチャージャーでエンジンをかける。
この車庫の私達の駐車スペースは地下二階なのでそこでアイドリングしておけないので近くにあるその修理屋まで車を移動させなければならないとのこと。
え~!!誰が運転するの?!私、運転はまだこっちでしてないのに(>_<)
でも、おじさんは自分が運転してきた車があるので私が自分の車を移動させなければならない。
しかし・・・・左ハンドルだし、この車の車幅でかいし、こっちの運転ルールは日本と違うんだよな。おじさんが車庫からは出してくれるとの事なので、しぶしぶ修理屋まで運転するしかないと決意。

近い距離だったので何とか運転して辿りつけた。
そして、アイドリング&洗車などもしてもらう事になり2時間後に引き取りに行く。合計1万円程度。高いが、このおじさんとても親切に色々してくれたので予算内の額かな。

それで、帰り道・・・どうしよう。ムッシュは呼べば来てくれる事になってるけど、わざわざ仕事場から車庫入れに来てもらう間でもないし、だが車庫入れはちょっと、いや大分不安。
おじさんも忙しそうだったけど、一緒に自転車で付いて行こうかとも言ってくれたけどいつまでも他人に車庫入れしてもらう訳にもいかないし、今日は路駐してる車がないのでチャレンジしてみようと決意。

で・・・何度か切り返して車庫の入り口にほぼ直面できたかなと思いゲートを開けて少しずつ入ったんだけど・・・・ううう、運転席側のタイヤ部分の上側の車体をやっぱりゲートに擦った・・・・・どどどど、どうしよう。これは、ムッシュの時と全く同じ擦り方だ。
一旦、道路に戻って気を取り直す。その時、通りすがしのおじさんが「いけるよ」と声をかけてくれたので助手席側を見てもらう事にした、そしてやっとすれすれで入った(ほ~~~~)

だけど、またしても修理から戻ってきたピカピカの状態だったのに傷を作ってしまったよ。
もう、私達、車庫入れする度にぶつけてる・・・・はあああああ。
本当に何でこんなに難しいんだろう、数センチ、数ミリずれただけでアウトだ。しかも、サイドミラーはたたまないとこのゲートを通過できないので反対側も自分側も良く見えないくなる。もう最悪。
こりゃ、ムッシュの事いえないわ。やってしまった・・・ショック。

すみません、ため息が止まらないのです。
[PR]

by paris__tsukuba | 2010-06-22 19:54 | その他

<< ムッシュのコト その晩 >>